JR東日本賞自然との共生

はるか遠い時代から自然と人類はともにあり、私たちは恩恵をこうむってきました。その一方で、ときに自然は脅威となり、激しい一面を見せることもあります。あらためて「自然と共生する」とはどのようなことなのか、これからの最適なあり方とは。あなたが写真に込めたメッセージが、多くの人の気づきや行動につながるでしょう。

2020年優秀賞作品

画題「雪ざらし日和」

太田誠二

企業コメント 鉄道の新たなチャレンジ CO2排出量「実質ゼロ」へ

2020年5月に環境長期目標「ゼロカーボン・チャレンジ2050」を策定。2050年度の鉄道事業におけるCO2排出量「実質ゼロ」に挑みます。運転時のエネルギー削減、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの導入、水素エネルギーの利活用。また、さまざまな環境技術を導入した駅(エコステ)の整備推進など、脱炭素社会への貢献と鉄道の環境優位性のさらなる向上で、サステナブルな社会の実現を目指します。

東日本旅客鉄道株式会社