タカラレーベン賞水と暮らしの幸せ

テーマ:水と暮らしの幸せ

「水」は生物が命を維持する上で欠かせない要素です。さらに、人間が生活を営み、幅広い活動を行うため、さまざまなシーンで必要となる「暮らしの基盤」というべき大切な存在でもあります。毎日を過ごす中で実感した「水と暮らし」の密接な結び付きと、そこから生まれた「幸せ」の場面を、あなたなりの視点で切り取ってください。

2022年優秀賞作品

画題「初めての手押しポンプ」

佐藤幸雄

企業コメント 事業活動を通じて社会課題の解決を目指す

創業50年を迎えるタカラレーベンは、企業ビジョン「幸せを考える。幸せをつくる。」の下、環境に配慮した住宅の供給や、再生可能エネルギーを活用したエネルギー事業など、社会課題の解決とSDGs達成に向けた事業を展開しています。暮らしの中の「水」に着目したウオーターシステム「ルイックプロジェクト」では、節水やペットボトルの削減を実現。本年4月にはサステナビリティ委員会を設置するなど、推進体制の強化を図っています。

株式会社タカラレーベン