JR東日本賞自然との共生

太陽や風、多様な生態系と、自然は実に複雑なバランスのもとで成り立っています。私たち人類は、古くから自然の恩恵を受ける一方、時にその猛威に直面しながら、自然と共に生きてきました。次世代に引き継ぎたい「自然と共生した人間の活動」とはどのようなものでしょうか? あなたなりの視点で自由に切り取ってみてください。

2019年優秀賞作品

画題「先人の地を守る」

砂田幸子

企業コメント 多面的な環境活動で地球環境との共生を目指す

JR東日本では、列車を運転するエネルギーの削減に加え、太陽光や風力、バイオマス等の再生可能エネルギーの積極的な導入や、水素エネルギーの利活用などを通してエネルギーの多様化を図り、持続可能な社会の実現を目指しています。また、駅にさまざまな環境技術を導入する「エコステ」モデル駅を整備するなど、地球温暖化防止への取り組みも推進しています。

東日本旅客鉄道株式会社