旭硝子財団賞自然の中にある幸福

テーマ:自然の中にある幸福

「美しい自然に接すると、私たちは家に帰ったような幸福感を得ることができます」と、あるブループラネット賞受賞者は語っています。木々や水、土、生物など、多様な生態系に囲まれて暮らす私たち。自然との関わりの中で、幸福感に満たされるのはどんな瞬間でしょうか。心引かれたワンシーンをお送りください。

2021年優秀賞作品

画題「友達」

砂田幸子

企業コメント ブループラネット賞が示す 「真の豊かさ」への展望

持続可能な社会を実現するために、私たちはどんな行動を起こすべきか──。その「確かな展望」を示したいとの思いから、1992年に地球環境国際賞「ブループラネット賞」を創設。地球環境の保全・再生に向けた理念の構築、科学的理解、対策や実践活動に大きく貢献した個人またはグループの業績をたたえ、広く発信しています。人類が真の豊かさを享受できる。そんな社会や文明の創造に寄与していきます。

公益財団法人 旭硝子財団