王子ホールディングス賞森と生きる、森と歩む

森は、動物や植物、昆虫など多くの生物の生息地です。また、私たち人類にとっても、新鮮な空気や豊かな水、食料、そして木材など、さまざまな資源を生み出してくれる大切な存在です。そんな森の多様性を、未来へ向かって歩み出すような力強い一枚で写し出すなど、本テーマをあなたの柔軟な感性と自由な発想で表現してください。

2018年優秀賞作品

画題「夏のオアシス」

上杉裕昭

企業コメント 民間企業最大の社有林を環境保全活動の舞台に

民間企業最大の社有林を保有する王子ホールディングスは、子ども向けの自然体験型環境教育プログラム「王子の森・自然学校」を、公益社団法人日本環境教育フォーラムとの協働で毎年夏に開催しています。また、絶滅危惧種の保護や激減した高山植物の再生など、生物多様性の保全活動も推進。社有林の大部分は森林認証も取得しており、森林そのものの持続可能な経営にも取り組んでいます。

王子ホールディングス株式会社

Webからのご応募はこちら!

※パソコン、タブレットやスマートフォンからも応募可能です!