2020 募集作品テーマ

王子ホールディングス賞

森と生きる、森と歩む

森は、動物や植物、昆虫など、多くの生物の生活の舞台です。一方、豊かな水や新鮮な空気、食料など、私たち人類にとっても欠かせないさまざまな資源を生み出してくれる貴重な存在でもあります。そんな多様性をもつ森と、私たち生命体がともにあることを感じさせてください。柔軟な視点と自由な発想であなたなりに表現した一枚をお待ちしています。

カメラのキタムラ賞

写真の力 ~レンズがとらえた瞬間~

絶え間なく流れ続ける時間の中の一瞬や、360°被写体となりうる空間の中の一部分にフォーカスできるのが写真の力です。求めているのは、肉眼では見逃し、動画でも見過ごしてしまう刹那の輝き。世界であなただけが捉えたその瞬間の光景を、そこに込めたメッセージとともに送ってください。あなたしか表現できない切り口の作品を期待しています。

大日精化工業賞

環境色彩

もし「彩り」がなかったら、この世界はずいぶんと味気ないものになるでしょう。美しく調和のとれた街並みや、変化に富んだ表情を見せる自然だけでなく、日常の生活のなかでも、ふと目にしたさまざまな色が人の心に潤いやエネルギーを与え、私たちの暮らしを彩っています。あなたの身近にある光景が放つ「色」を切り取った作品をお待ちしています。

大日本印刷賞

大気のうた

地球を包み込み、そこに暮らす生き物の営みを支える大気は、時に応じて多彩な表情を見せてくれます。朱を流したような夕焼け、満天の星、不穏な荒天、突き抜けるような青空──。こうした光景からは、どんなメロディーが聞こえてくるでしょうか。その響きに耳を傾け、自然の偉大さ、美しさ、厳しさなどを独自の視点で表現してください。

JT賞

共存

地球という限りある空間の自然環境を守る上で、「共存」というテーマは今後ますます重要になるでしょう。そして自然界、人間界のいずれを見ても、あらゆる生命は他者との関わり合いのなかで存在しています。さまざまな「共存」のありようを描き、その尊さやそこにある知恵を伝える。そんな、人の心を動かす作品をお待ちしています。

JR東日本賞

自然との共生

太陽や風、多様な生態系と、自然は実に複雑なバランスのもとで成り立っています。私たち人類は、古くから自然の恩恵を受ける一方、時にその猛威に直面しながら、自然と共に生きてきました。次世代に引き継ぎたい「自然と共生した人間の活動」とはどのようなものでしょうか? あなたなりの視点で自由に切り取ってみてください。

Webからのご応募はこちら!

※パソコン、タブレットやスマートフォンからも応募可能です!