2022 募集作品テーマ

旭硝子財団賞

自然の中にある幸福

「美しい自然に接すると、私たちは家に帰ったような幸福感を得ることができます」と、あるブループラネット賞受賞者は語っています。木々や水、土、生物など、多様な生態系に囲まれて暮らす私たち。自然との関わりの中で、幸福感に満たされるのはどんな瞬間でしょうか。心引かれたワンシーンをお送りください。

伊藤忠商事賞

地球のめぐみ

さまざまな「地球のめぐみ」に守られ、生かされている私たち。生命活動のエネルギー源となる太陽の光、多大な恩恵をもたらす雨、木々をやさしく揺らす心地よい風、色とりどりの愛らしい草花、自然の連鎖の中で躍動する動物たち──。数々の素晴らしい「めぐみ」が後世に受け継がれるよう、心に響く一枚をお待ちしています。

王子ホールディングス賞

森の力で未来を変える

森は、水を美しくする力、二酸化炭素を吸収して地球温暖化を防ぐ働き、多種多様な生物を育むなど、人や自然にとってかけがえのない機能を備えています。こうした豊かで価値のある営みを絶やすことなく、次の世代へと引き継ぐことで、未来をより良いものへ変えたい。そのような想いを、柔軟な視点と自由な発想で表現した作品をお待ちしています。

カメラのキタムラ賞

写真の力 ~レンズがとらえた瞬間~

目の前にありながらも、なかなか気づくことができない。そんな「刹那の輝き」さえも捉え、そのときの感動を何度でも呼び起こしてくれるのが「写真の力」でしょう。思わず「ハッ」とさせられた場面や、自然のアートが描き出すメッセージ。あなたの感性に強く訴えかけた光景、たくさんの人と分かち合いたい思いを、ぜひお寄せください。

大日精化工業賞

環境色彩

もし世界から「色彩」が失われてしまったら──。きっと人々の暮らしや心のありようも一変するに違いありません。四季折々の表情で目を楽しませてくれる自然界はもちろん、街並み、衣服、食べ物、至る所に「彩り」があり、私たちに潤いや生きるための活力をもたらしてくれます。あなたが見つけた魅力的な「色」を楽しみにしています。

大日本印刷賞

大気のうた

大気が存在しているからこそ、生命の営みは絶えず続きます。では現在の地球環境に目を向けたとき、果たして大気はどのような「うた」を響かせていると思いますか。「よろこび」「かなしみ」それとも「いかり」でしょうか。刻々と移ろいゆく天球の表情。あなたが五感で受け止めた「うた」を、一枚の写真として表現してください。

タカラレーベン賞

水と暮らしの幸せ

生命を維持するために、そしてさまざまな活動のために必要な「水」。毎日の生活においてもあらゆるシーンで役立てられ、まさに「暮らしの基盤」と呼べるほど大切な存在です。みなさんが住まいで過ごす時間のなかでも、「水と暮らし」の密接な結びつきを実感する瞬間があるでしょう。そこから生まれる「幸せ」を切り取っていただきたいと思います。

日本生命賞

たくましく生きる力

地球環境保全という大きな課題に立ち向かい、未来を切り開くことができる。子どもたちに、そんな「たくましく生きる力」を宿してほしいとの願いを込めて設定したテーマです。人間も動物も草花も、生きとし生けるものには、それぞれの「たくましさ」があります。見た人に勇気や希望を与え、エネルギーが湧き出すような写真を期待しています。

大学生部門

あなたのとなりにある地球環境

企業の活動には、いまや「サステナビリティ」の視点が不可欠。SDGsを踏まえた取り組みなどが加速する中で、社会は「持続可能性や地球環境に対する高い感度」を備えた人材を求めています。この「環境フォト・コンテスト」は、未来を背負って立つみなさんの知識や創造力を表現し、ビジネス界に届けるチャンスです。学生らしい切り口の写真を楽しみにしています。 <大学生部門への応募は、大学または大学院に在籍する学生に限ります。>