2018 募集作品テーマ

伊藤忠商事賞

地球のめぐみ

普段は気にも留めない光景の中にも、実は多くの“地球のめぐみ”が隠れています。さんさんと降り注ぐ太陽の光や恵みの雨、澄んだ空気、青々と茂る植物──。視点を変えれば、身の回りにある多くのものが地球からの贈り物であることに気づくはずです。何気ない日常の中であなたが見つけた地球のめぐみ。その尊い姿を私たちにも見せてください。

王子ホールディングス賞

森と生きる、森と歩む

動物、植物、昆虫などさまざまな生物の生息地である森。私たち人(ヒト)にとっても、森は木材、美しい空気、豊かな水などの多様な資源をもたらしてくれる、大切な存在です。そんな森の多様性を映し出すとともに、未来へ向かって歩み出す、明るさと力強さを感じさせる1枚をお待ちしています。柔軟な視点と自由な発想で、本テーマを表現してください。

カメラのキタムラ賞

写真の力~レンズがとらえた瞬間~

肉眼では見逃してしまう、写真でしかとらえられない瞬間─。そんな一瞬の輝きを切り取った写真には、人の心を動かす大きな力が宿るものです。“地球”や“環境”といった大いなるテーマに立ち向かう過程で、あなたが撮影することに成功した奇跡の1枚を届けてください。未来の地球環境を変え得るような意欲作をお待ちしています。

大日本印刷賞

大気のうた

地球上のあらゆる生物の命を支えている大気ですが、時にはその大気が生物の脅威となることもあります。時と場所、気象条件などによって、全く異なる表情を見せる大気。その姿には、私たちに向けたメッセージが込められているのかもしれません。あなたの周りの大気はいま、私たちに何を訴えていますか? その歌声にじっと耳を傾けてみてください。

JT賞

共存

あらゆる物事や営みが継続するためには、他者との支え合いや持ちつ持たれつの関係性が大切です。これは、人間の社会のみならず、自然界でも同じことがいえます。人間や動植物、さらには海や山などの大自然が、互いに手を取り合って共存しているようなワンシーン。そんな光景を切り取ることで、地球や自然のすばらしさを改めて伝えてください。

長谷工賞

都市と人間~最適な生活環境創造とは~

募集テーマには、「都市と人間との最適な生活環境を創造し、社会に貢献する」という当社の企業理念をダイレクトに反映させました。都市と人間、そして自然という三者の理想的な関係とはどのようなものでしょうか。それを象徴する光景を探してみてください。見た人に生活環境について考えるきっかけを与えるような力作の応募を期待しています。

JR東日本賞

自然との調和

太陽や風、多様な生態系……、自然は実にさまざまなバランスのもとで成り立っています。私たち人間は古くから自然の恩恵を受け、時にその猛威に直面しながら、自然と共生してきました。次世代に引き継ぎたい「自然と調和した人間の活動」とはどのようなものでしょうか。あなたがとらえた「自然環境と人間」の一枚をお待ちしています。

三井住友ファイナンス&リース賞

かけはし~人・生き物・自然のつながり~

自然との触れ合いや日々の生活で見つけた新しい価値には、地球環境や私たちをより豊かにする可能性があります。人、生き物、自然そして文化、世代といった垣根を越えて、それらがつながった光景を写真に収めてください。「かけはし」を探しながら毎日を見つめ直すことで、これまでとは違った日常の価値ある側面に気づけるかもしれません。

Webからのご応募はこちら!

※パソコン、タブレットやスマートフォンからも応募可能です!