「小豆のおやつ」で一服

基本の小豆の煮方

 
 
たっぷりの水で小豆を煮る
 
 

材料

小豆300g、グラニュー糖225g 
※砂糖の種類はお好みで。グラニュー糖で煮ると、さらりとした味わいになる。炊くと豆が膨らむので、鍋は2.5L以上は入る大きなものを用意すること。

つくり方

    1. 鍋に小豆を入れ、たっぷりの水を注いで火にかける。沸騰したら中火にし、ポコポコと湧き立つ程度の火加減で約10分煮る。湯が茶色になったらザルにあけ、ざっと水で洗う。これは、「渋きり」というアク抜きの作業。
    2. 1.を鍋に入れ、ふたたびたっぷりの水を注いで火にかける。ことことと沸き立ち、煮汁の中で豆が静かに踊るくらいの火加減を保って煮る。アクがどんどん沸いてくるので、こまめに取る。(写真A)
    3. 水分が減ってきたら湯をさし、はじめの水位を常に保ちながら、さらに30分ほど煮る。豆のかさが増えていくので、それほどシャバシャバの状態にはならない。
    4. 煮はじめから小一時間ほどたったら、一粒手にとって指で押してみる。簡単につぶせる状態になっていれば、やわらかく煮えた証拠。(写真B)
    5. 砂糖の半量を加えて10分ほど煮る。砂糖を一度に加えると、浸透圧の影響で豆の水分が煮汁に出て、豆が硬く締まってしまう。
    6. 残りの砂糖を加えてさらに10分ほど煮れば、さらさらの関西風ぜんざいに。
    7. さらに煮詰めると、とろとろのぜんざいに。
    8. もっと煮詰めて小豆の顔が表面に出はじめたら、木ベラで絶えず混ぜる(写真C)。焦げ付きやすいので、目を離さずに混ぜながら煮詰める。混ぜたときに鍋底が見える状態になったら火を止め、豆をつぶすようにして練る。

  • 写真A


    写真B


    写真C
 
 
twitter 七緒 公式アカウント facebook 七緒 公式アカウント

メールマガジン <『七緒』の着物だより>

 
 

着物をもっと気軽に楽しみたい人のための雑誌「七緒」がお届けするメルマガ。季節ごとにお届けする本誌に盛り込めなかったこぼれ話や着物にまつわるお役立ち情報などを、スタッフの体験談などとともにお届けします。(毎月1回配信)

メールマガジン申込・登録変更