最新号【Vol.62】「手仕事ゆかた」案内

夏といえば、下駄(げた)の出番。とはいえ、〝履くと指の股が痛くなりそうで怖い……〞
と感じている人も多いはず。そこで、〝和〞をテーマにした芝居が評判の劇作家、演者の3人が、老舗(しにせ)履き物店の女将(おかみ)のアドバイスのもと、さまざまな下駄の履き比べに挑戦!

思わずかけっこしたくなるくらい、足に合った1足は見つかるのか?

教える人=富田里枝(「辻屋本店」)
教わる人=高井浩子(劇団「東京タンバリン」主宰)、
萩原美智子(劇団「東京タンバリン」)、
山崎美貴(劇団「文学座」)
文=白井いち恵 撮影=上原朋也
スタイリング=山下 悠

Vol.62はこちら