最新号【Vol.61】「たんすの着物」応援団

お母さんやおばあさんの着物や、リサイクルショップで見つけた昭和の着物。
見渡してみると、色柄や素材に似たような傾向があるような。
その背景には、戦後の復興から高度経済成長期にかけての時代の空気が色濃く反映されているといえそう。

ともあれ、せっかく自分のところにやってきた着物たち。
昭和に流行した〝あるある着物〞を、今っぽくおしゃれに変身できるコーディネートとは?

撮影=豊田 都 スタイリング=山下 悠
監修=田中敦子(P.32〜33)

文=雨宮みずほ
イラスト=篠塚朋子 構成=小西七重

Vol.61はこちら