大日精化工業賞環境色彩

2021優秀賞

画題「楽しい時間」
有田 勉(78歳)
無職 岩手県宮古市


前夜の雨がすっかりあがって「運動会日和」となったある日、親戚の子どもたちを応援するために小学校へ。徒競走では声をからして声援を送りました。お昼時の「楽しい時間」に広げられたのは、とてもカラフルなお弁当。子どもたちが箸を伸ばそうとするのを少しだけ待ってもらい、数枚の写真を撮ってからおいしくいただきました。

2021佳作

画題「挑む」
南 秀行(70歳)
無職 大阪府岸和田市

2021佳作

画題「星祭り(七夕)」
江本恭平(87歳)
無職 岡山県倉敷市

2021次点(五十音順)

「鯉の川のぼり」井上 守(75歳)山口県防府市
「カラフルな滑り台」小西直昭(70歳)埼玉県川口市
「七夕様祭り」杉野満夫(82歳)高知県高知市
「祈りのドレス」平野昌子(52歳)神奈川県横浜市
「くるしま海峡(西水道)」山台雄三(73歳)愛媛県西条市

企業コメント

大日精化工業は、2020年8月に環境方針を改訂。「全役職員が環境管理活動のPDCAを計画的に展開」「省エネ対策と再生可能エネルギー導入の推進」「バイオマス素材やリサイクル化が容易な素材の採用など新しい製品ライフサイクルの創造と提案」を掲げ、環境課題の解決を目指しています。また、環境負荷の少ない製品やフードロスを解消する製品、省エネルギー製品の研究開発にも注力。製品開発で環境調和、ESG・SDGs達成を後押しします。

おにぎり、のり巻き、いなり寿司に、たくさんのおかず。色とりどりのお弁当が並び、それを囲んでいるのは小さい手、大きい手、日焼けした手、シワの刻まれた手──。優秀賞の「楽しい時間」には、家族や親戚が集まり、待ちに待ったお弁当の時間を迎えた楽しさがあふれています。イベントの機会が減った現在、とても愛おしく感じられる光景です。

大日精化工業株式会社

審査員評

優秀賞は、独自の発想で「食べ物」が持つ彩りの豊かさと人のつながりを表現した秀作です。「挑む」は優れたアングルでボルダリングに挑戦する人の姿をとらえ、「星祭り(七夕)」は両岸にある七夕飾りを、ボリューム感をもって描いています。