カメラのキタムラ賞写真の力 ~レンズがとらえた瞬間~

2019優秀賞

画題「ひまわりの塔」
太田和夫(70歳)
無職 大阪府吹田市


万博記念公園は、大阪では数少ない自然豊かな公園で、四季折々の花や野鳥などを楽しむことができます。昨年7月、最近すっかりその魅力にはまっているマクロレンズを使い、ひまわりをバックに水滴が跳ね返ったところを狙いました。非常に苦戦しましたが、「この豊かな自然を残したい」という思いでなんとか収めた一枚です。

2019佳作

画題「天女の羽衣(夜光雲)」
池田 穰(83歳)
無職 鹿児島県鹿児島市

2019佳作

画題「ルナレインボー」
柳瀬 真(48歳)
会社員 新潟県新潟市

2019次点(五十音順)

「さあ、食べなさい…。」糸賀一典(46歳)千葉県柏市
「ファミリー」小澤宏(65歳)神奈川県小田原市
「水上の華」加藤泰子(78歳)愛知県一宮市
「ヒトデのワルツ」中村烈(38歳)青森県八戸市
「バルーンフェスタ」松浦寛(41歳)福岡県久留米市

企業コメント

キタムラグループでは、美しい自然をテーマにした写真コンテストを独自に開催しています。また、店内の写真現像機(ミニラボ)から出る廃液の安全な処理や、使用済みフィルムケース・電池・インクカートリッジの適正回収も継続。このほか、会費の一部を環境保護などに役立てている「NPO 法人フォトカルチャー倶楽部」を支援するなど、当社グループならではの環境保全活動に力を入れています。

ひと粒の水滴による世界をとらえた優秀賞「ひまわりの塔」は、まるで宙に浮く地球を表現しているかのような宇宙的スケールに満ちています。水滴の中のひまわりと森と空と雲の精微な描写も素晴らしいです。人工衛星打ち上げ後にできた雲を情緒的にとらえた「天女の羽衣(夜光雲)」と、月光に照らされる滝と虹を幻想的に表現した「ルナレインボー」の佳作2点も、“写真の力”を感じさせる秀作です。

株式会社キタムラ

審査員評

マクロレンズと高速シャッターで一瞬をとらえた優秀賞、夜明けの幻想的な光景を切り取った「天女の羽衣(夜光雲)」、月の光に照らされた虹を偏光フィルターで表現した「ルナレインボー」と、受賞作はそれぞれの工夫をもってテーマを表現しました。