七緒のクラウドファンディング「着物お焚き上げ会」のお知らせ

『七緒』を刊行する 「プレジデント社」が、クラウドファンディング事業をはじめました。 『七緒』もこの活動に参加し、着物や和のもの・ことにまつわる新たな挑戦を支援し、発信し、応援していきます。

第1弾は、七緒が起案するた「着物お焚き上げ会」。 第2弾は、七緒が窓口となって「起案する人」を募集。 新たな出会いと発見につながりますように。

第一弾 七緒の「着物お焚き上げ会」

洋服は気軽に処分できるけれど、着物はどうも手放しづらい。袋に詰めてゴミに出したり、いただきものを売ったりするのも気が引ける。

......それなら、着物を〝供養〞してもらうのはどうだろう? そんな思いから生まれたのが『七緒』の「着物お焚き上げ会」です。

養蚕業が盛んな群馬県・高 崎の山名八幡宮のご協力の下、『七緒』が主催する「着物お焚き上げ会」では、手放したい着物を「支援する人」から募り、集まった着物を浄化してもらいます。また、2020年11月4日に行われる神事当日の様子は、オンライン上で配信されます。その他、着物から「匂い袋」が作れるキットや、供養したい着物のご祈祷をその場で体験できる「体験キット」など、さまざまな支援方法を用意しました。

詳しい「着物お焚き上げ会」の内容・支援方法は、ページ下部のボタンからご覧いただけます。

お焚き上げとは?

お札やお守りなど粗末に処分しがたいものや、魂が宿っているように思えるもの・遺品などを、神社や寺が引き取り浄化する儀式のこと。身を守っていただいたものや愛着があるものに対する、礼を尽くす意味合いも大きい。お正月のお飾りなどを集めて一斉 に焚く「どんど焼き」などもお焚き上げのひとつ。

クラウドファンディングとは?

主にインターネット上で行企業や個人に対する新しい「支援の輪」の仕組み。「起案する人」の成し遂げたいプロジェクトや事業に対して、その内容に共感し、 応援したいと思う「支援する人」が、商品を購入したり投資したりすることで「起案する人」の活動資金を援助できる。また、「支援する人」は「起案する人」からのお返しとして、そのプロジェクトや事業で開発された商品やサービスを受け取ることができる。

イラスト=橋村実里

『七緒』の「着物お焚き上げ会」
https://presidentinc.en-jine.com/projects/nanaoh_otakiage
支援や準備の進捗状況は、『七緒』の公式インスタグラムでも発信しています。 @nanaohmag

「着物お焚き上げ会」詳細はこちら