最新号【Vol.63】「リメイク」は楽しい

愛着があったり、思い入れがあったり。
着物を手放すのは、正直、なかなか難しい。
なかでも、お気に入りの1枚ならば
進化中「リメイク」のトビラを開けてみる?
絹の扱いに少しの注意が必要だけれど
自分で使うものだもの、気負わず挑戦してみたい。
解いて洗って、ちくちくして、
気軽にはけるパンツにしたり。
あの人がつくる、素敵な作品にわくわくしたり。
爽快な秋晴れ、今日はリメイク日和。
着物との新しい付き合い方も見つかるかも。

教える人=八木賢一
(「だるまや京染本店」六代目)
文=藤田 優 撮影=前 康輔

Vol.63はこちら