魔法の教材「分数ものさし」好評発売中!

算数で多くの子がつまずく「分数」が直感的にわかるすごい教材

【プレジデントファミリーから「分数ものさし」を発売しました】

静岡県の中学生、山本賢一朗くんが小学5年生のときに発明した「分数ものさし」。12センチのものさし1本で、分数の「たし算・ひき算・かけ算・わり算」が計算できる画期的な教材です。直感的に目で見てわかるので、苦手な子も分数の理解がすすみます。

そもそものきっかけは、「約分や通分をしなくてはならない」「分母の数字が大きくなるほど値が小さくなるのがわかりにくい分数の計算のむずかしさを感じ、苦手に思っている友達も多かったこと。なんとか簡単にできる方法はないかと最初の試作品をつくったのは、小学5年生のときの自由研究としてでした。第37回浜松市小中学生発明くふう展で優秀賞を受賞。静岡県学生児童発明くふう展にも出展されました。

この「分数ものさし」は、ものさし1本と、たのしく学べるドリルがセット(1200円+税)。

全国の書店さんにて発売中です。

 Amazonでの紹介ページはコチラ

プレジデントストアでの紹介ページはコチラ

 

■■■テレビ、新聞など各メディアでも話題沸騰!■■■

日本テレビ「スッキリ」中学一年生が発明!理解カンタン魔法の教材「分数ものさし」とは

静岡新聞NEWS「分数ものさし」問題集発売 考案した浜松の中学生が解説

JNN NEWS「苦手を克服!夏休み自由研究『分数ものさし』商品化」 

朝日新聞デジタル「分数ものさし」小学生が発案 計算法、目盛りで理解

NHK『ビックリ!感動!超自由研究』

毎日新聞静岡版「分数ものさし 浜松の中学1年・山本賢一朗さん、苦手克服! 静大協力で教材に 視覚・感覚で理解手助け」

静岡新聞「静大など試作「分数物差し」 浜松の少年が小5時考案」