ALBA 最新号

今号を立ち読み! (クリックすると大きくなります)

目次

【巻頭特集企画】
トップアマに聞いた
シングル入り実録ヒント集
アンダーパーで回ることもあるトップアマも誰もがみんな初心者だった。しかしいったいどんな練習をして上手くなったのだろうか? さまざまな練習法からギアの工夫までシングルになるヒントを教えてもらいました!

【特別企画1】
松山英樹に直撃インタビュー
「スイングの完成度はまだ5%です」
2021年はマスターズ優勝に始まり、オリンピック出場、ZOZOチャンピオンシップ優勝と、キャリアハイともいえる成績を残した松山英樹。躍進の1年を東北福祉大ゴルフ部の先輩でもある佐伯三貴とともに振り返ってもらった。

【特別企画2】
女子プロサイン入りボール&最新ドライバー
ドドンとお年玉プレゼント!
子供の頃の新年の楽しみといえばお年玉。今は出す側になってしまった大人の皆さんに、ALBAから豪華なお年玉を用意しました。女子プロのサイン入りボールや人気ドライバーが当たるので、是非応募してください!

【特集企画】
10・30・50ヤード
アプローチの“柱”をマスターしよう
アプローチは8割スイングから、ハーフショット、ときには10ヤードの距離感を求められる状況もあるから厄介。しかし小技の職人・田島創志は3本柱となる打ち方をマスターすれば微妙な距離感を打ち分けられると教えてくれた。

【特集企画】
知らない人は5打損しています!
自分のパター 長さ&重さを言えますか?
パットが決まらないと悩むゴルファーは多くいます。でも、ここで質問です。自分が使っているパターの長さと重さを知っていますか?もしかしたら入らない一番の理由はあなたのストロークとパターの相性が悪いせいかもしれませんよ。

【情報特集】
冬こそドライアイにご用心!
空気が乾燥する冬。さらにコロナ禍でエアコンが効いた部屋でのテレワークが増えたり、またマスクから漏れる自分の息が目の乾燥を助長させたり……と、冬場は目の健康を脅かす問題が多発! それだけではありません。冬のドライアイはゴルフのスコアを左右しかねないんです。その対策とケアをご紹介しましょう。

【人気連載】
新・ギア総研
国産ドライバーの『可変ウェート』は使わなきゃ損!
「つかまる」、「左に行かない」という目的だけでドライバーのウェート調整をしている人が大半だ。でも、調整で変えられるのは、それだけではないのだ。独自の可変ウェート方法を提案する国産メーカーのドライバーで、知られざる効果を教えてもらおう。

【Book in Book〈銀のアルバ〉】
〈スイング別にぴったりの1本をセレクトしよう!〉
190ヤードが狙えるクラブ34本
アマチュアゴルファーが意外と遭遇するのが、長いパー4の第2打や距離のあるパー3での190ヤード。きちんと打てないだけでなく、いったい何のクラブで打っていいのか分からないという人も多い。そこで、190ヤードが打てる4タイプのクラブを徹底調査。この中から自分に合うクラブを見付けて、ワンランク上のプレーを目指そう。

【Book in Book〈ABC〉】
〈ABC〉ALBAビギナーズ倶楽部
超やさしいウェッジ&チッパーなら簡単にピンに寄る!
せっかくグリーンの近くまでボールを運べても、ダフリやトップのミスで余計に叩いてしまう。そんなビギナーは、使っているウェッジを見直してほしい。ミスが出にくいやさしいクラブを使えば、スコアがあっさり縮まるぞ。