主菜

バター、ウイスキー、しょうゆ。この味つけで肉の旨みがグーンと。

ポークソテー

 
 
撮影:石井雄司
教える人
佐藤史郎
店名
すぎ田

よく作る豚肉料理といえば、とんかつかしょうが焼き?。洋風のポークソテーもぜひ忘れてほしくない一品です。厚めの豚肉の表面をまず強火で焼いてから蒸し焼き。まだ完全に中まで火が通らないうちに、バター、ウイスキーとしょうゆをチョロリ。風味はいいやら、香ばしいやら。「豚肉っておいしい」と思わずつぶやく料理ができます。

 
 

材料(1人前)

 
 
  • 豚ロース肉1枚(150g)
  • 塩適量
  • こしょう適量
  • 小麦粉適量
  • サラダ油適量
  • ウイスキー70㏄
  • バター15g
  • しょうゆ小さじ1
 
 

作り方

 
 
  1. 肉は、脂と肉の間にある筋を3~4カ所切り、塩、こしょうをふり、小麦粉をまんべんなくまぶす。
  2. フライパンに油を入れて強火で熱し、盛りつけるときに上になる面を下にして肉を入れ、フライパンを動かしながら焼く。
  3. きれいな焼き色がついたら肉を裏返し、弱火にしてふたをし、ゆっくりと火を通す
  4. まだ肉がやわらかいうちにいったん取り出して油を捨て、強火にして肉をもどす。
  5. ウイスキーをかけ、バター、しょうゆを加え、ウイスキーに火をつけてアルコール分を飛ばす。
  6. 約2分、味がなじんだら肉を取り出して皿に盛り、残った汁は煮つめてソースを作る。
  7. 肉の上からソースをかけ、好みで練りがらしを添える。
 
 

ポイント

 
 
  1. おいしい肉の選び方新鮮なのが豚肉の身上。きれいなピンク色系の色が選ぶポイント。切りたてのほうが好ましいので、できればロース肉を2~3cm厚さにカットしてもらうとよい。これで肉汁たっぷりのポークソテーに。
  2. ソースを分離させずにできたら大成功。1人分ずつ作ったほうがうまくいく。
  3. 石井雄司
 
 

おすすめコンテンツ

 
 
dancyu.comへ
dancyuグルメギフトカタログ「美味贈呈」へ
dancyuオリジナル「道具厳選」へ
dancyuうまい店情報
dancyu公式twitterアカウント
dancyu公式facebookページ

アクセスランキング<洋食篇>

 
 
  1. ポークソテー
    ポークソテー
    バター、ウイスキー、しょうゆ。この味つけで肉の旨みがグーンと。
  2. なすと鶏のトマトソースグラタン
    なすと鶏のトマトソースグラタン
    トマトソースとホワイトソースが作る新鮮な味
  3. ステーキ
    ステーキ
    安い肉でも下処理、焼き方で絶品に
  4. オニオンステーキ
    オニオンステーキ
    玉ねぎが風味を加え、肉をやわらかくしてくれます
  5. ポテトサラダ
    ポテトサラダ
    じゃがいもがほっくり、しっとり。ご飯にもパンにも合う副菜参上。
  6. オムレツ
    オムレツ
    単純にして難しい卵料理の基本
  7. 野菜とベーコンのスープ煮
    野菜とベーコンのスープ煮
    季節の野菜や好きな野菜でアレンジを
  8. マグロのカルパッチョ
    マグロのカルパッチョ
    軽い赤がお薦め、オリエンタル風
  9. 洋風ブイヨン
    洋風ブイヨン
    コトコト煮るだけ。挽き肉と牛骨でとれば旨さ抜群
  10. トマトソース
    トマトソースの作り方を覚えておくと、パスタ料理などにも応用できるので便利。
  11. タルタルソース
    タルタルソース
    魚介類の揚げ物の味を引き立ててくれるソース
  12. ブイヨン
    ブイヨン
    簡単にできる味の決め手!
  13. コンソメスープ
    コンソメスープ
    塩加減は控えめに。挽きたての黒こしょうをピリッときかせて
  14. ミートオムレツ
    ミートオムレツ
    プレーンができたら具入りに挑戦!
  15. かきフライ
    かきフライ
    かきがプリプリッ。まさに秋、冬の味