楽天証券でつみたてNISAを始めるメリット6選!おすすめの銘柄も厳選

将来のお金の不安に備える方法はいくつかありますが、運用で得られた利益が非課税になる「つみたてNISA」を始める人が増えています。しかし、さまざまな証券会社が存在するため、口座開設時点で悩む人も多いでしょう。

そこで今回はつみたてNISAの口座数が飛躍的に伸びている「楽天証券に注目し、楽天証券でのつみたてNISAの買い方や始め方の他に、おすすめの銘柄などをまとめました。

  1. 楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)の始め方は?
    1. 申し込みからの手順
    2. つみたてNISA(積立ニーサ)を始めるタイミングは?
  2. 楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)の買い方は?
    1. STEP1.楽天証券にログインする
    2. STEP2.購入する投資信託を選ぶ
    3. STEP3.積立のタイミングと積立金額を決める
    4. STEP4.目論見書と約款の確認
    5. STEP5.注文内容の確認と取引暗証番号を入力する
  3. 楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)の評判は?
  4. 楽天証券の口座開設方法
    1. STEP1 メールを送信する
    2. STEP2 本人確認を行う
    3. STEP3 重要書類へ同意する
    4. STEP4 口座開設完了のメールが届く
  5. 楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)を始める6つのメリット
    1. メリット1:100円から気軽に始められる
    2. メリット2:楽天ポイントでの積み立てが可能
    3. メリット3:積み立て頻度を「毎日積立」か「毎月積立」で選択できる
    4. メリット4:楽天市場での付与ポイントが2倍になる
    5. メリット5.楽天銀行の普通預金金利が上がる
    6. メリット6.投資信託の銘柄数がナンバーワン
  6. 楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)を始めるデメリット
    1. デメリット1.つみたてNISAの専用アプリがない
    2. デメリット2.ETFを取り扱っていない
  7. 楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄は?
    1. おすすめ銘柄1.楽天・全米株式インデックスファンド
    2. おすすめ銘柄2.eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
    3. おすすめ銘柄3.eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
    4. おすすめ銘柄4.eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  8. 違いは何?つみたてNISA(積立NISA)と一般NISAを比較
    1. つみたてNISA(積立ニーサ)が向いている人とは?
    2. 一般NISA(ニーサ)が向いている人とは?
  9. つみたてNISA(積立NISA)で楽天ポイントを貯める方法
    1. 楽天ポイントを貯める方法1.楽天カードクレジット決済
    2. 楽天ポイントを貯める方法2.ハッピープログラム
  10. 楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)とは?
  11. 楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)についてのQ&A
  12. まとめ

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)の始め方は?

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)の始め方は?
(画像=Wealth Bridge編集部)

楽天証券でつみたてNISAの口座開設をするにはどうすればいい?

質問者①
編集部

楽天証券の口座を持っている人は、持っている口座から申し込むことができます。口座を持っていない人も、通常の総合口座開設と同時につみたてNISAの開設できるのでご安心ください。

楽天証券でつみたてNISAを始めるためには、つみたてNISAの口座開設と積立設定を行う必要があります。

申し込みからの手順

つみたてNISA(積立ニーサ)を始めるためには、大きくわけて4つのステップを踏む必要があります。

楽天証券でのつみたてNISAの始め方

  • STEP1.つみたてNISA口座を申し込む
  • STEP2.ログイン情報を受け取る
  • STEP3.楽天銀行に預り金を入金
  • STEP4.商品を決めて積立設定

・ STEP1.つみたてNISA(積立ニーサ)口座を申し込む
まず、つみたてNISAの口座を開設します。すでに楽天証券の口座を持っている人は、証券口座にログイン後、申し込みます。郵送による本人確認書類の送付をする方法以外に、オンラインで本人確認を完了することも可能です。楽天証券でマイナンバーを登録していない場合は提出する必要があります。その後、氏名や住所などを登録します。

また、楽天証券で口座を持っていない人は、通常の総合口座開設と同時につみたてNISAの開設が可能です。

・ STEP2.ログイン情報を受け取る
審査完了後、ログインIDが届きます。郵送で申し込んだ人は書留郵便でログインIDに加えて初期パスワードが送付されます。ログインを完了させ、初期設定やマイナンバーを入力すると口座開設は完了です。

・ STEP3.楽天銀行に預り金を入金
積立額下限は100円のため、最低100円は入金しておく必要があります。クレジットカード決済の場合は、入金のステップは不要です。

・ STEP4.商品を決めて積立設定
購入する銘柄を決めたら積立設定をします。このとき、クレジットカード決済を選択すると、楽天クレジットカードでの引き落としが可能です。また、楽天銀行から積み立てる場合は残高が不足していると積立買付は中止されます。3回連続で買付が中止された場合は積立設定が解除されるため、注意しましょう。

積立設定をして残高がある状態にすると、つみたてNISAの設定は完了です。このとき、楽天銀行とのマネーブリッジ連携や楽天ポイントコースの選択などを設定すると、楽天ポイントをお得に貯められます。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

つみたてNISA(積立ニーサ)を始めるタイミングは?

つみたてNISAの開始を検討している人の中には、いつから始めたら良いのか悩む人も多いでしょう。年40万円の上限は決まっていますが、開始のタイミングは決まっていません。そのため、年の途中から始めることも可能です。

年の途中から始めた場合、月3万3333円の積み立てでは非課税枠を余らせてしまうため、増額することで非課税枠を使い切ることができます。楽天証券の増額設定は、毎月もしくは毎日の積立額を増やすことができる機能です。設定した年のみ有効になるので、翌年には無効になり増額が消化されます。翌年以降は非課税枠のみの月額3万3333円で積み立てされます。

また、楽天証券ではクレジットカード決済に毎月5万円の上限があるため、年の途中から増額した場合、5万円を超える非課税枠は余らせるしかありませんでした。しかし、2022年からクレジットカード決済と証券口座引き落としの併用が可能になるため、非課税枠を使い切ることができます。

その際、クレジットカード決済の上限は3万3333円になり、増額部分はすべて証券口座引き落としになるため注意しましょう。

年度途中からつみたてNISAを開始する場合の増額目安は、以下の通りです。

<1カ月の積立金額とクレジットおよび証券口座引き落とし金額の内訳>

米国株 日本株
購入可能な株数 1株〜 100株〜
運用月数1カ月あたり積立金額内クレジットカード決済分内証券口座引き落とし分
8カ月 5万円 3万3333円 1万6667円
5カ月8万円3万3333円4万6667円
4カ月10万円3万3333円6万6667円
2カ月20万円3万3333円16万6667円

なお、非課税枠の使い切り(増額)には条件があります。年内受け渡し日が1回以上あることが条件となるため、12月22日までに手続きを完了しておかなければいけません。

また、投資を始めるなら安いときに購入したいと考える人も多いでしょう。積立投資の魅力は、タイミングの選定が不要な点にあります。評価額が下がっている場合、口数を多く購入できるため、上昇したときの恩恵はその分大きくなります。

長い時間をかけてコツコツと積み立てていくことで資産を増やすことが目的なので、なるべく早く始めるのがおすすめです。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)の買い方は?

楽天証券でのつみたてNISA銘柄を買ってみたいけれど、難しそう

質問者①
編集部

楽天証券であればwebサイトから簡単に申し込んで購入をすることができます。ここでは申込手順も合わせてつみたてNISAの買い方を紹介していきます。

つみたてNISAでの投資信託の買い方は次の5つのステップがあります。

つみたてNISAで投資信託を購入する手順

  • STEP1.楽天証券にログイン
  • STEP2.購入する投資信託を選択
  • STEP3.積立金額・購入時期を設定
  • STEP4.目論見書と約款の確認
  • STEP5.注文内容の確認と取引完了

ここでは、それぞれのやり方を詳しく紹介します。

STEP1.楽天証券にログインする

サイトにログインし、「NISA・つみたてNISA」のタブへ移動します。アプリでは買付ができないため、必ずウェブサイトから行う必要があります。またスマートフォンからの操作ではタブがないため、メニューから「NISA・つみたてNISA」を選びましょう。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

STEP2.購入する投資信託を選ぶ

つみたてNISAを始めるために、購入する投資信託を選びましょう。主な選び方は3つあります。

投資信託の選び方

  • 個別銘柄から選ぶ
  • ファンド一覧から選ぶ
  • おすすめファンド・パッケージから選ぶ

それぞれの特徴を見ていきましょう。

・個別銘柄から選ぶ
投資したい個別銘柄が決まっているときは、直接名前を入力して検索するのが簡単です。個別銘柄を選定するためには、該当の投資信託の特性や信託報酬、運用先などを知っておく必要があります。そのため、銘柄に関する大まかな知識がついており、先を見据えてつみたてNISAをする人におすすめです。

・ファンド一覧から選ぶ
取り扱いのあるファンドを一覧で見ることができます。各銘柄のリンクから個別ページに遷移することで、ファンドの信託報酬や運用方針を確認できます。購入したい特定の銘柄がなく、一つひとつ確認しながら検討したい人におすすめです。

・おすすめファンド・パッケージから選ぶ
銘柄選定のヒントになるツールが多数用意されています。「NISAランキング(積立件数)」では、つみたてNISAをしている人に選ばれている銘柄を確認できます。

多くの人に選ばれているということは、それだけ値上がりに期待できたり配当が多かったりするため、参考になります。

そのほかにも、自分のタイプ別におすすめのファンドを選んでくれるものもあります。性格に合わせた銘柄を選ぶことで、投資初心者でも始めやすいでしょう。「らくらく投資」では、9つの質問に答えるだけで自分に合ったコースを提案してくれます。また、将来の資産額をシミュレーションできるなど、長期投資のイメージがしやすいのが魅力です。

つみたてNISAや投資の知識がないけれど、自分に合った銘柄が知りたい人におすすめです。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

STEP3.積立のタイミングと積立金額を決める

購入する銘柄が決定したら、積み立てのタイミングと金額を決めます。

チェック項目

  • 引き落とし方法
  • 積立タイミング
  • 積立金額
  • 増額設定
  • 配分設定
  • 分配金コース
  • ポイント利用

積み立てのタイミングは「毎日」か「毎月」の2択になりますが、金額は100円から3万3333円まで自由に設定できます。毎日を選択した場合の決済方法は証券口座のみになるため、楽天カードクレジット決済で楽天ポイントを得たい人は、毎月を選択する必要があります。

また、年途中からつみたてNISAを開始した場合の増額設定も、このステップで行います。ポイント利用や複数の銘柄を選んだときの配分バランスも、このときいっしょに設定しましょう。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

STEP4.目論見書と約款の確認

次に、選択した投資信託の目論見書と約款を確認します。目論見書には、ファンドの詳細が記されています。

目録見書の記載内容

  • 投資先や目的
  • 投資対象と仕組み
  • 運用方法
  • リスク
  • 分配金や基準価額などの運用実績
  • 手続き方法や手数料

楽天証券で確認する場合、「未閲覧の書面を確認する」をクリックするだけで、未読の目論見書を閲覧できます。すべての書面をチェックしたら「確認」をクリック、読み終わった後に「注文内容確認へ」をクリックすると、このステップは完了です。

実際に投資するファンドについて重要なことが書かれているため、必ず目を通すようにしましょう。

STEP5.注文内容の確認と取引暗証番号を入力する

最後は、今までのステップの確認をします。今一度、選択したファンドや積立額などを確認しましょう。間違いがなければ4桁の暗証番号を入力し、注文を完了させます。設定が完了したら、「積立設定一覧」から注文内容の確認ができます。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)の評判は?

楽天証券でつみたてNISAの口座開設をしている人の実際の声は?

質問者①
編集部

100円から投資できるため、投資初心者にも優しいなど、ここでは実際に楽天証券を使用している人の評判を紹介します。

口座開設を検討する上でもっとも気になるのは、実際につみたてNISAをしている人の評判です。ここでいくつか紹介しましょう。

・初めての投資だったので利用している人も多い楽天証券を選びました。注文の仕方もシンプルで簡単、使いやすいです。

・楽天ユーザーだったので、ポイントももらえて倍率も上がる点が良かったです。ポイントは再び投資に回せるだけでなく商品購入などにも使える点も魅力だと思います。

・投資初心者でも使いやすいですが、長年投資をしてきた人も使いやすいと思います。手数料や楽天ポイントなどのお得感、使いやすさも気に入っています。つみたてNISAはもちろん外国株やIPOなどの投資もできるので便利です。

利用者の評判まとめ

  • 楽天ポイントが貯まるため楽天ユーザーにはお得
  • 100円から投資できるので初心者も始めやすい
  • 取扱商品が多いので選びやすい
  • つみたてNISA以外の商品やサービスも豊富なので投資歴が長い人も活用しやすい

\NISA口座開設数3年連続No.1/

楽天証券の口座開設方法

STEP1 メールを送信する

楽天会員登録を行い、登録時のアドレスを入力しメールを送信する

楽天1
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

STEP2 本人確認を行う

運転免許書または、個人番号カードを提出し本人確認を行う

楽天2
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

STEP3 重要書類へ同意する

楽天3.
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

STEP4 口座開設完了のメールが届く

楽天4
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)を始める6つのメリット

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)を始める6つのメリット
(画像=Wealth Bridge編集部)

楽天証券でつみたてNISAの口座開設する魅力は?

質問者①
編集部

楽天ポイントが貯まる、ポイントを使って少額から積み立てができるなど多数のメリットがあり、投資初心者にもおすすめです。

ここでは、楽天証券でつみたてNISAを始めるメリットを紹介します。

楽天証券の6つのメリット

  1. 100円から気軽に始められる
  2. 楽天ポイントでの積み立てが可能
  3. 積み立て頻度を選択できる
  4. 楽天ポイントが貯まる
  5. 楽天銀行の普通預金金利が上がる
  6. 取り扱っている商品が豊富

\NISA口座開設数3年連続No.1/

メリット1:100円から気軽に始められる

楽天証券では、月100円から積み立てができます。投資をしたことがない人にとって、いきなり大きな資金を運用するのは不安に思うこともあるでしょう。

しかし、月100円と少額であれば、初心者でも投資のハードルが低くなります。また、増額や減額などの変更は自由にできるため、ゆくゆくは運用資金を増やしていくことも可能です。

メリット2:楽天ポイントでの積み立てが可能

楽天ポイントの投資での便利な使い方を見ていきましょう。

①楽天経済圏で貯めたポイントで投資ができる

楽天市場や楽天トラベル、楽天カードなど、複数の事業を展開している楽天グループの強みを活かし、つみたてNISAの買い付けに楽天ポイントを使えるのもメリットのひとつ。現金を使わずに気軽に投資デビューできます。

編集部のおすすめ

1ポイントを1円分として利用することが可能です。
普段の買い物でポイントをため、投資に回して利益を生むこともできますね。

②楽天カードでつみたてNISAが申し込める

楽天カードを持っていれば、ポイントをあらゆるシーンに使え、積み立てに充てることも可能です。その場合、積立額からポイント利用分を差し引いた金額が決済額となります。

楽天カードはスマートフォンから手軽に申し込めるため、まだ持っていない人は証券口座開設のタイミングで申し込んでも良いでしょう。なお、クレジットカードの利用には審査を要するため、必ず作れるわけではありません。

楽天証券のつみたてNISAは、投資信託の積立購入を楽天カードでクレジット決済することでポイントが貯まり、楽天市場のお買い物がお得なSPU対象にもなるなど、楽天証券だけのメリットがある王道プランです。
また、どんなファンドに投資しようか悩んでいる方は、診断して、あなたにぴったりのコースを提案してもらえる「らくらく投資」のサービスを使うのもおススメです!
(引用元:楽天証券の王道プランでお得に投資!~はじめて「つみたてNISA」×「楽天カードクレジット決済」×「SPU」×「らくらく投資」を設定する方法~

メリット3:積み立て頻度を「毎日積立」か「毎月積立」で選択できる

楽天証券のつみたてNISAでは、「毎日積立」と「毎月積立」の2種類から積み立て頻度を選べます。それぞれの特徴を以下にまとめました。

<毎日積立と毎月積立の違い>

毎日積立毎月積立
決済方法証券口座証券口座・楽天カードクレジット・その他金融機関・ポイント
引き落としタイミング毎月1日~28日のうち自分で設定
通常午前3時支払い
買付日が休業日の場合、直前営業翌日の午前3時
【証券口座】
毎月1日~28日のうち自分で設定
通常午前3時支払い
【楽天カードクレジット】
毎月12日までに積立設定
翌月1日または8日に積立
積立同月27日に支払い
【その他金融機関】
毎月7日または24日に積立
翌27日または14日に支払い

毎日積立は、営業日毎に指定の金額を積み立てていきます。各銘柄の基準額は日々変わっているため、毎日積み立てていくことで時間による分散投資が可能になります。しかし、毎日積立は証券口座決済のみに対応しており、楽天ポイントがつかないため注意が必要です。

一方の毎月積立は、引き落とし方法によって買付日が異なります。楽天証券からの引き落としでは、毎月1日〜28日の間で任意に選択が可能です。楽天カードクレジット決済の場合、毎月8日に買付を行います(2021年6月19日以前にクレジットカード決済利用者は1日)。

積立設定の場合は、年2回までボーナス設定を行うことも可能です。ボーナス設定はその都度追加で買付できる制度で、つみたてNISA枠が余っているときの使い切りなどに便利です。ただし、楽天カードクレジット決済や毎日積立の場合、つみたてNISAにおけるボーナス設定は利用できません

\NISA口座開設数3年連続No.1/

メリット4:楽天市場での付与ポイントが2倍になる

楽天では自社のポイント制度を導入しており、「ポイント投資」(楽天ポイントを利用して投資信託を購入すること)をすることで楽天市場での付与ポイントが+1倍になります。

楽天ポイント+1倍の条件

  • 1ポイント以上利用
  • 1回の買付が500円以上のポイント投資
  • 「楽天ポイントコース」を選択
出典:楽天証券『選べる引落方法』『投信積立』

\NISA口座開設数3年連続No.1/

上記の条件を3つ満たすことで、楽天市場での買い物時に、楽天ポイントがプラス1倍になります。1ポイント以上楽天ポイントを利用した500円以上の買付が必要になるため、条件を下限設定した場合の実質元手は499円になります。なお、500円分すべてポイントで支払った場合も、ポイントアップ対象です。

また、1回の買付金額500円以上が条件となるため、毎日積立を選択している人は月のトータルではなく、毎日500円以上の積み立てが必要です。得られるポイントは期間限定ポイントになるため、利用期限に注意しましょう。

「楽天ポイントコース」への設定は、ログイン後、マイメニューから「ポイント・SPU」を選択します。未設定になっている場合は「楽天ポイントコース設定へ」に移行し、コース変更をしましょう。同意書を読み、再びログインすればポイントコースの設定が完了です。

メリット5.楽天銀行の普通預金金利が上がる

楽天証券は、同じ楽天グループである楽天銀行とマネーブリッジで紐付けることが可能です。紐付けることで証券会社と銀行間での送金が不要になり、楽天銀行に預け入れている資金を手続き不要でそのまま投資信託の買付に使えます。マネーブリッジを利用するだけで普通預金金利が0.10%まで優遇されるのは、低金利時代には大きなメリットと言えるでしょう。

マネーブリッジとは?

楽天銀行口座と楽天証券口座を連携させることにより、いままで以上にシームレスな資金移動が可能となるサービスです。

メリット6.投資信託の銘柄数がナンバーワン

楽天証券における、つみたてNISAで購入できる投資信託の取扱商品数は179本(2021年12月7日時点)です。

取扱本数はネット証券で最多です。それぞれが投資対象地域や連動する指標が異なるため、取り扱い銘柄が豊富であるほど選択肢が増えます。

しかも100円から1円単位で気軽に積み立てができるので、初心者でも投資がしやすいでしょう。

会社名 楽天証券 SBI証券 松井証券 野村証券 マネックス証券
手数料(10万円あたり) 99円 99円 0円 152円 110円
手数料(50万円あたり) 275円 275円 0円 524円 495円
手数料(100万円あたり) 535円 535円 1,100円 1,048円 1,100円
積立nisa銘柄数 179銘柄 175銘柄 170銘柄 7銘柄 151銘柄
IPO実績(2020年) 38社 85社 18社 41社 50社
投資信託銘柄数 2,687銘柄 2,680銘柄 1,506銘柄 1,163銘柄 1,218銘柄
外国株 6カ国 9カ国 - 32カ国 2カ国
米国株取扱銘柄数 3966銘柄 4200銘柄 - 663銘柄 4,297銘柄
米国ETF取扱銘柄数 324銘柄 307銘柄 - 663銘柄 316銘柄
口座開設最短日数 翌営業日 翌営業日 3営業日 5営業日 翌営業日

楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、このたび、投資信託の保有者数が300万人を達成したことをお知らせします。投資信託保有者のうち積立を設定いただいた方は、2021年12月末の212万人から約3カ月で35万人弱増の245万人超となり、2022年も楽天証券での資産形成を行う方がさらに増加しています
(引用元:楽天証券、投資信託の保有者数300万人達成のお知らせ

\NISA口座開設数3年連続No.1/

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)を始めるデメリット

楽天証券でつみたてNISA(積立NISA)を始めるデメリット
(画像=Wealth Bridge編集部)

楽天証券でつみたてNISAを始める上で注意する点は?

質問者①
編集部

楽天証券には、ETFの取り扱いがないため、注意が必要です。どうしてもETF投資をしたい人は、取扱銘柄の中に、ETFに似た銘柄もあるので、それを選ぶと良いでしょう。

ETFとは?

証券取引所に上場し、株価指数(「東証株価指数(TOPIX)」など)に代表される指標への連動を目指す投資信託で、「Exchange Traded Funds」の頭文字をとりETFと呼ばれています。

楽天証券でのつみたてNISA開設はメリットが多く魅力的です。その一方で、デメリットとなる点も知っておく必要があります。

楽天証券のデメリット

  • つみたてNISAの専用アプリがない
  • ETFを取り扱っていない

デメリット1.つみたてNISAの専用アプリがない

楽天証券には、証券アプリはあるものの、専用のアプリが存在しません。他社のなかには、つみたてNISA専用アプリを提供している証券会社もあり、アプリ上で運用益や積立設定を行うことができます。

買付する銘柄の選定や設定などはウェブサイトから行います。アプリを使って、どこでも気軽に資産を確認することや買付を行うことが難しい点は、デメリットと思う人もいるでしょう。

編集部のおすすめ

アプリで積立NISAの買い付けはできませんが、保有資産(投資信託)の評価額を確認することができます。
また、他にも国内株式と米国株式の売買を行うことが可能です。

しかし、通常の取引や投資情報の収集ができるアプリは存在します。つみたてNISA以外でも投資を検討している人にとって、投資アプリ「iSPEED(アイスピード)」は便利でしょう。

楽天証券が提供するスマートフォンアプリ「iSPEED(アイスピード)」は、iPhone、Android、iPadに対応したトレーディングアプリです。株価や為替情報、各種ニュース等の投資情報の収集やお取引を行うことが可能です。
スマートフォンをお持ちの方なら、楽天証券のスマホアプリ「iSPEED」を入れておけば投資機会を逃しません。
朝・夜の通勤時の電車の中やお昼の休憩時間等、あらゆるシーンで気になる銘柄の株価やニュースの確認や、お客様の取引状況や保有資産の情報をスマートフォンで確認できます。
(引用元:楽天証券の魅力

デメリット2.ETFを取り扱っていない

ETFとは上場投資信託のことで、取引時間内であれば自由に売買できるのが特徴です。つみたてNISAで買付できるETFは7銘柄ですが、楽天証券ではETFの取り扱いがありません(2021年12月7日時点)。

ETFは、株式市場が開いているタイミングで取引できるため、短期売買されることも多い商品です。そのため、長期投資を目的としているつみたてNISAでは、ETFがなくても大きな問題はありません。さらに楽天証券には、ETF7銘柄と似ている投資対象地域や連動指数の投資信託があります。どうしてもETFが良い人以外は、そのような投資信託を購入すればいいでしょう。

楽天証券でつみたてNISAを行う際のデメリットは以上の2点ですが、メリットが多くあるのでよく検討しましょう。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

楽天証券の良い評判・口コミ

女性の口コミ

性別:女性、年齢:30代、職業:専業主婦・主夫

手数料が安い!

色々な証券会社を調べている中で、手数料の安さに惹かれて楽天証券で口座を開設しました。また、楽天証券で取引をしていると、楽天市場などの買い物時のポイント付与率がアップするところも気に入っています。あと、取引アプリ「iSPEED」も使いやすく、これまで取引をあまりしたことがなかった自分でも、安心して取引を始めることができました。

出典:クラウドワークス

男性の口コミ

性別:男性、年齢:30代、職業:正社員

楽天クレジットカード

楽天ユーザであり、楽天のクレジットカードをメインカードとして利用しているので楽天証券を選びました。株式購入時にクレジットカード決済ができることが最大のメリットだと思います。楽天ポイントに還元できるので、投資すればするほどポイントが貯まります。ユーザインターフェースも初心者には分かりやすい作りになっているので操作に迷うことがありませんでした。

出典:クラウドワークス

女性の口コミ

性別:女性、年齢:40代、職業:アルバイト・パート

ポイントがお得です

つみたてNISAの取り扱い商品が多いことがまずメリットですが、積立額に対しても1%のポイントがつくのが決め手で利用しています。年間40万円投資しているので、4000ポイントが入ってくることになり、気が付くとたくさんポイントがたまっているのでとてもお得感があります。積み立てなのでそんなに頻繁にはログインしませんが、取引の確認画面もシンプルで見やすいのでおすすめです。

出典:クラウドワークス

楽天証券の悪い評判・口コミ

男性の口コミ

性別:その他、年齢:50代、職業:正社員

作りが少し古臭い

楽天市場をよく利用しているので、貯まったポイントで投資信託を購入しています。楽天証券はよく利用していますがアプリの作りが古めかしい感じが否めません。もう少し最新的なつくりでワクワクするような画面にしていただきたいと常に感じております。使いやすさなどは問題はなく利用できています。もう少し「見た目」を改善していただくと利用者も増えるかも!?

出典:クラウドワークス

男性の口コミ

性別:その他、年齢:20代、職業:正社員

優待クロスでは

私は楽天証券を一般信用の空売りを用いた所謂株主優待ただ取りをやろうと思って作りました。しかし、楽天証券の一般信用の空売りは口座を作った当時がある程度の数があったのですが、それが年々少なくなっているので、当初の目的である株主優待ただ取りでは主力の証券会社として使い勝って悪くなってしまいましたので株主優待ただ取りを考えている人は少し考えたほうがいいと思います。

出典:クラウドワークス

女性の口コミ

性別:女性、年齢:30代、職業:アルバイト・パート

ポイント還元率改悪

楽天ポイントを使って投資信託や株の買付ができたり、投信積立のクレジットカード決済でもポイントの付与があり、ポイントを利用した投資信託の購入の設定で楽天市場でのお買い物ポイントが+1倍になるので、子どもの証券口座と合わせて開設しました。 サイトが見やすく、注文方法などの説明も詳しく載っており、初心者でも分かりやすいです。 ただ、ポイント制度の変更があり、従来よりもポイント還元率が低くなってしまいました。

出典:クラウドワークス

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄は?

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめ銘柄は?
(画像=Wealth Bridge編集部)

楽天証券のつみたてNISAの銘柄はどれを購入すればいい?

質問者①
編集部

楽天・全米株式インデックスファンドが、大企業だけでなく中小型株も網羅されていて、約4,000銘柄に分散投資可能です。また、楽天経済圏で生活をされている方は、ポイントも貯めたり使ったりできるので、特におすすめです。

つみたてNISAで購入できる商品が多い楽天証券では、銘柄選定に迷うこともあるでしょう。ここでは、おすすめの4つの商品を紹介します。その前に、楽天が情報開示している積立ランキング(設定金額)TOP10を紹介します。

順位 ファンド名 委託会社 基準価額 ファンドスコア
1 eMAXISSlim米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際 18,894円 ★★★★★
2 楽天・全米株式インデックス・ファンド 楽天 19,563円 ★★★★★
3 eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー) 三菱UFJ国際 16,669円 ★★★★
4 楽天レバレッジNASDAQ-100 楽天 7,570円 -
5 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 楽天 16,236円 ★★★★
6 eMAXISSlim全世界株式(除く日本) 三菱UFJ国際 16,799円 ★★★★★
7 eMAXISSlim先進国株式インデックス 三菱UFJ国際 19,724円 ★★★★★
8 iFreeレバレッジ NASDAQ100 大和 31,794円 -
9 eMAXIS NASDAQ100インデックス 三菱UFJ国際 12,922円 -
10 eMAXISSlim新興国株式インデックス 三菱UFJ国際 12,635円 ★★★
※基準価額は2022年3月25日時点のものです。
※楽天証券ファンドスコアは、「同じ分類に属するファンドと比較して、より効率の高い運用を行ってきたファンド」を絞り込むための楽天証券オリジナルの指標です。

つみたてNISAのおすすめファンド

  • 楽天・全米株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス

\NISA口座開設数3年連続No.1/

おすすめ銘柄1.楽天・全米株式インデックスファンド

項目 詳細
基準価額 19,563円
純資産額 5304.56億円
直近分配金 0円
分配金次回決算 2022/7/15
買付手数料 0円
ファンドスコア ★★★★★
※2022年3月25日時点
引用:楽天銀行公式

楽天・全米株式インデックスファンドは、世界的な資産運用会社のバンガード社が運営する「バンガード®・トータル・ストック・マーケットETF」に連動した運用を目指しています。北米を投資対象とし、「Apple(アップル)」や「Microsoft(マイクロソフト)」、「Amazon(アマゾン)」など、世界的な企業と業種を対象に分散投資を行っているのが特徴です。 週間ランキング(2021年11月29日~2021年12月3日)では、買付金額、積立設定件数でともに3位となっており、その人気がうかがえます。分配金は設けておらず、値上がり益による譲渡益を狙っている人におすすめです。

楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、 2022年3月31日(木)現地約定分より、米国ETFにおいて、買付手数料無料で取引できる対象銘柄を新たに6銘柄追加し、主要ネット証券で最多※1となる15銘柄の買付手数料を無料にすることをお知らせします。
(引用元:楽天証券、米国ETFの買付手数料無料銘柄を拡充、業界最多の15銘柄に!

楽天・全米株式インデックスファンドのおすすめポイント

  • 約4000もの米国企業に分散投資できる
  • 値上がり益が期待できる
  • 多くの投資家に選ばれている人気銘柄

\NISA口座開設数3年連続No.1/

おすすめ銘柄2.eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

項目 詳細
基準価額 18,849円
純資産額 11107.09億円
直近分配金 0円
分配金次回決算 2022/4/25
買付手数料 0円
ファンドスコア ★★★★★
※2022年3月25日時点
引用:楽天銀行公式

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、米国のS&P500に連動する投資信託です。S&P500とは、米国を代表する500銘柄から算出される株価指数のことで、採用銘柄には時価総額が41億ドル以上などの条件があります。

AppleやMicrosoft、Amazonなどのソフトウェアを中心に幅広い業種へ分散投資しています。2019年にできたファンドですが、信託報酬が0.1%を下回ることから、コスト面でも人気です。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)のおすすめポイント

  • 全米の大型成長株に分散投資ができる
  • 信託報酬が安い
  • 日本株より高い利回りが期待できる

\NISA口座開設数3年連続No.1/

おすすめ銘柄3.eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

項目 詳細
基準価額 16,669円
純資産額 4724.99億円
直近分配金 0円
分配金次回決算 2022/4/25
買付手数料 0円
ファンドスコア ★★★★
※2022年3月25日時点
引用:楽天銀行公式

eMAXIS Slim 全世界株式は、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに連動した投資信託です。アメリカを中心に全世界への分散投資を行いたい人に向いています。

アメリカのAppleやMicrosoftなどに加えて、台湾の半導体銘柄も主な組み入れ先に含まれています。2018年に設定された本ファンドは、純資産総額3,500億円(2021年12月時点)を突破しており、多くの投資家に選ばれている人気銘柄です。

eMAXIS Slim 全世界株式のおすすめポイント

  • 先進国だけでなく新興国にも投資できる
  • 全世界を対象にし分散投資ができる
  • 成長企業に投資できる

\NISA口座開設数3年連続No.1/

おすすめ銘柄4.eMAXIS Slim先進国株式インデックス

項目 詳細
基準価額 19,724円
純資産額 3159.76億円
直近分配金 0円
分配金次回決算 2022/4/25
買付手数料 0円
ファンドスコア ★★★★★
※2022年3月25日時点
引用:楽天銀行公式

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは、MSCIコクサイ・インデックスに連動した投資信託で、投資対象は日本を除く先進国です。投資国の70%以上はアメリカで、次いでイギリスやフランスなど全22国に分散投資ができます。

リターン(3年)は年率約20%のパフォーマンス(モーニングスター社サイトより)で、今後の成長を期待できるのが魅力です。また、新興国を含まず先進国のみでファンドを形成していることから、カントリーリスクを軽減できます。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスのおすすめポイント

  • 先進国を対象に分散投資ができる
  • カントリーリスクを軽減できる
  • 長期的に安定した成長が期待できる

カントリーリスクとは?

投資をした特定の国・地域における政治・経済・社会情勢の変化により証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、そこに投資した資産の価値が変動する可能性のこと。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

違いは何?つみたてNISA(積立NISA)と一般NISAを比較

一般NISAも口座開設できるみたいだけど、つみたてNISAと何が違うの?

質問者①
編集部

一般NISAは、まとまった資金を運用したい人におすすめ、つみたてNISAでは、長期投資をしたい人におすすめです。ここではその他にも多くの違いを紹介します。どちらが自分に合っているのか確認してみてください。

つみたてNISAと似た制度に、一般NISAがあります。どちらも1人1口座まで開設可能ですが、つみたてNISAと一般NISAはどちらかしか開設できません。そのため、口座開設前に自分に合っている方を見極める必要があります。

NISA口座は、1人1口座に限り開設できます。ただし、NISA口座内で、つみたてNISA又は一般NISAのどちらか一方を選択する必要があります。

引用元:金融庁|NISA特設ウェブサイト「つみたてNISAに関する注意点」

つみたてNISAと一般NISAの大きな違いは以下の通りです。

<つみたてNISAと一般NISAの違い>

つみたてNISA一般NISA
投資方法積立投資積立投資・スポット購入
年間投資上限額40万円120万円
非課税運用期間最長20年最長5年
口座開設期間2042年開始分まで2023年開始分まで
投資対象商品一定基準を満たした投資信託とETF国内株式・外国株式・投資信託・ETFなど
※対象者は国内に住む、開設年の1月1月時点で満20歳を満たす人
※金融機関はどちらも年ごとに変更可能
出典:金融庁『あなたとNISA』

つみたてNISAと一般NISAの大きな違いは、投資上限額と運用年数、投資対象商品です。また、楽天証券のつみたてNISAではETFの取り扱いはありませんが、一般NISAではETFの取り扱いがあります。区分切り替えは年ごとにできるため、非課税期間の途中で変更したい場合も便利です。

一般NISAについては、2024年以降、より多くの国民に積立・分散投資による安定的な資産形成を促す観点から、積立てを行っている場合には別枠の非課税投資を可能とする2階建ての制度に見直され、投資対象商品については、1階部分はつみたてNISAと同様とし、2階部分は、一般NISAから高レバレッジ投資信託など安定的な資産形成に不向きな一部の商品を除くこととされました。

引用元:金融庁|NISA特設ウェブサイト「NISAとは?」

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

引用元:金融庁|NISA特設ウェブサイト「NISAとは?」(つみたてNISAとは)

\NISA口座開設数3年連続No.1/

つみたてNISA(積立ニーサ)が向いている人とは?

非課税運用期間が長く、投資対象が限定されている「つみたてNISA」が向いている人の特徴を詳しく見ていきましょう。

つみたてNISAが向いている人の特徴

  • 運用をプロに任せたい人
  • 長期投資をしたい人
  • 少額から投資をしたい人

つみたてNISAで購入できる銘柄は、国が定める一定基準をクリアした投資信託(ETF含む)のみです。投資信託とは、投資家から集めた資金をもとにファンドマネジャーが運用し、そこで得た利益を投資家に還元する商品です。運用を投資のプロに任せることができるので、投資の知識が少ない初心者に向いている商品です。

また、つみたてNISAで購入できる投資信託は長期、分散投資に適しているのが魅力です。最長20年という長い期間運用することで、複利効果による利益の最大化が期待できます。また、楽天証券でのつみたてNISAは100円から積み立てることができるので、少額から投資を始めたい人にも向いています。

一般NISA(ニーサ)が向いている人とは?

続いて、「一般NISA」が向いている人の特徴も詳しく見ていきます。

一般NISAが向いている人の特徴

  • まとまった資金を運用したい人
  • 個別株に投資をしたい人
  • 短期売買をしたい人

一般NISAの年間非課税枠は120万円です。そのため非課税枠をすべて使い切る場合、合計600万円(120万円×5年間)の投資資金が必要になります。まとまった資金がないと、非課税枠を無駄にしてしまうため、一般NISAはある程度の資金力がある人に向いているでしょう。

また、つみたてNISAは投資信託しか購入できないのに対し、一般NISAでは個別株にも投資可能です。

日本株や外国株など、特定の株式を保有したい場合は一般NISAの方が向いているでしょう。個別株ならば、銘柄によっては株主優待も受けられます。NISAでの非課税メリットを享受しながら、株主優待目的で投資するならば一般NISAが向いています。

なお、つみたてNISAは長期保有を目的としているため、一度購入した投資信託を売却すると非課税メリットを最大限に活用できなくなるおそれがあります。一方で、一般NISAは国内外の個別株など売却益を期待できる銘柄に投資できるため、短期売買を目的としている人にも向いているでしょう。

一般NISAとは、2014年1月にスタートした、少額からの投資を行う方のための非課税制度です。
例えば投資信託に投資した場合、「普通分配金」と売却時の「譲渡益」が非課税になります。
ただし、他の口座(一般口座や特定口座)で発生した譲渡益や配当金等との損益通算はできません。
(引用元:一般NISAとは

\NISA口座開設数3年連続No.1/

一般NISAとつみたてNISAの証券会社の比較

つみたてNISA(積立NISA)で楽天ポイントを貯める方法

楽天証券で楽天ポイントは貯められるの?

質問者①
編集部

つみたてNISAを楽天カードでクレジット決済することで楽天ポイントを貯めることができます。
積立投資をカードで決済するだけで1%相当のポイントがたまるのです。

楽天証券でつみたてNISAを行うと、楽天ポイントを貯めることができます。主な貯め方は、楽天カードクレジット決済とハッピープログラムです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

楽天ポイントを貯める方法1.楽天カードクレジット決済

楽天のクレジットカードを持っていなくても、つみたてNISAの口座を作ることは可能です。しかしその場合、楽天ポイントを得ることができないため、楽天カードを持っていない人は、口座開設と同時に作成しておくと良いでしょう。

つみたてNISAで楽天ポイントをもらう場合、積立を申し込んだ時点でクレジットカード決済を選択します。毎月5万円を上限に積立額100円に対し1ポイント付与されるため、毎月最高500ポイント得られる計算です。

しかし、つみたてNISAは年額40万円が上限となっているため、毎月の積立投資額の上限は3万3333円です。これらを踏まえると、つみたてNISAのクレジット決済で得られるポイントは、上限333ポイントになります。

2022年6月下旬より、投信積立での楽天キャッシュ決済を開始!キャンペーン中は最大1%の楽天ポイントが貯まります。 2022年9月買付分より、投信積立の楽天カードクレジット決済について、ポイント還元率を一部変更いたします。銘柄によって、還元率が1%もしくは0.2%となります。 楽天カードと楽天キャッシュを併用することで、毎月最大10万円までがポイント還元の対象となります。また、積立設定の引き落とし方法を楽天カードクレジット決済から楽天キャッシュ決済へ簡単に変更できるサービスもご提供いたします(6月提供開始予定)。
(引用元:投信積立での「楽天キャッシュ決済」の開始および楽天カードクレジット決済のポイント還元率の一部変更について

\NISA口座開設数3年連続No.1/

つみたてNISAのクレジット決済方法

  1. 積立投資する銘柄を選定
  2. 積立申し込みをする
  3. クレジットカード決済を選択

最初の申し込みだけすればあとは自動で積み立ててくれるため、簡単に楽天ポイントを貯められます

楽天ポイントを貯める方法2.ハッピープログラム

楽天のハッピープログラムとは、楽天銀行利用者のみの特典で、エントリーするだけで取引に応じて楽天ポイントが貯まるシステムです。楽天会員情報と楽天銀行を連携させることで、エントリーが完了します。なお、ハッピープログラムは条件達成によりステージが変わります。

楽天証券と連携することで、楽天銀行の口座残高を自由に運用することが可能です。楽天証券と楽天銀行の間で、「らくらく入金」「自動入金(スイープ)」を行うことでポイントが付与されます。連携により付与されるポイントは、ハッピープログラムのステージによって異なります。5つのステージと獲得ポイントは下表の通りです。

<ハッピープログラムのステージと獲得ポイント>

ステージ獲得ポイント
ベーシック
アドバンスト
1ポイント
プレミアム2ポイント
VIP
スーパーVIP
3ポイント

また、ハッピープログラムを通じて、投資を行うことでも楽天ポイントを獲得できます。例えば、投資信託の残高10万円ごとに楽天ポイントが3〜10ポイントが付与されます

\NISA口座開設数3年連続No.1/

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)とは?

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)とは?
(画像=Wealth Bridge編集部)

楽天証券でつみたてNISAの口座開設はできるの?

質問者①
編集部

もちろん開設できます。取り扱い銘柄が179種類もあるなど多数のメリットがあります。詳しくはここから紹介しますね。

つみたてNISAとは、少額かつ長期で資産運用を行うことを目的とした非課税制度です。主な概要は以下のようになっています。

非課税制度とは?

NISA口座では5年の間、年間120万円の範囲内で購入した金融商品から得た利益に税金がかからない。この非課税措置を通じて一般の個人に幅広く資産形成の機会を提供すること、および、家計から企業への資金供給を促進し、企業の成長をサポートすることを目的としている。限度額を年間120万円とすることで富裕層に限らず、個人を幅広く対象としています。

<つみたてNISA(積立ニーサ)の概要>

利用できる人 国内在住の満20歳
※一般NISA口座との併用は不可
非課税対象特定の投資信託から得られる分配金・譲渡益
口座開設数1人1口座
非課税枠年間40万円まで
非課税期間20年
投資可能期間2018年~2037年

楽天証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠 雄治、以下「楽天証券」)は、2022年2月25日(金)に金融庁が発表した「NISA口座の利用状況調査(2021年12月末時点(速報値))」より、NISA(少額投資非課税制度、以下「NISA」)(※1)の2021年新規口座開設数が業界最多(※2)であったことをお知らせします。
※1:一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの合算
※2:NISAは、主要ネット証券(口座数上位5社:auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で、iDeCoは、主要運営管理機関でそれぞれ比較(2022年3月30日、楽天証券調べ) (引用元:楽天証券、NISA・iDeCo 2021年新規口座開設数が業界最多に!

\NISA口座開設数3年連続No.1/

つみたてNISAの魅力は、運用で得られた利益が非課税になることです。通常、投資信託の運用で得られた利益には、約20%の税金が課されます。しかし、つみたてNISAは通常では取られてしまう税金分の利益をそのまま受け取ることができるのです。これは大きなメリットでしょう。

次に、特徴を見ていきましょう。

<楽天証券のつみたてNISA(積立ニーサ)>

取扱い銘柄数(2021年12月6日時点)179(一部コース限定商品あり)
手数料(口座開設料・管理料、買付手数料)無料
付与される楽天ポイント100円につき1ポイント(クレジットカード決済のみ対応・上限月5万円)
最低積立額月100円

\NISA口座開設数3年連続No.1/

楽天証券つみたてNISAは、月額100円から3万3333円の範囲内で、年間40万円まで投資できます。取扱い銘柄も179銘柄と豊富で、つみたてNISA対象の全201銘柄の大半を購入できます。

さらに購入時の手数料はもちろん、管理費や口座開設手数料も無料であるため、運用経費がかからないのも魅力。また、楽天クレジットカードでの支払いを選択すると、楽天ポイントが貯まります。貯まったポイントは通常の買い物に使えるほか、積立時にも利用できます。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

簡易書留が郵送され、書類に記載のID・初回パスワードをでログインし「初回ログインパスワードの変更」「初回設定」「マイナンバーを登録」を完了後、取引開始可能

楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)についてのQ&A

最後は、楽天証券のつみたてNISAに関してのよくある質問を、回答と共に見ていきます。はじめに疑問を解消しておくことで、スムーズに進めることができるでしょう。

つみたてNISAはいくらから始めるのがいいですか?
資金に余裕があれば、非課税枠の満額である月額3万3333円です。 年間40万円の非課税枠を活かすのであれば、月額3万3333円になります。楽天証券では100円から積み立てができるため、最初は少額からスタートすることも可能です。つみたてNISAは20年という長期間の運用を目的としているため、月額3万3333円が難しいのならば無理のない積立額で始めるのがおすすめです。 また、最初は少額から始めて、年途中から増額設定で金額を引き上げることも可能です。その際、増額分はクレジットカード決済ができないため注意しましょう。
つみたてNISAは途中で引き出せますか?
いつでも引き出し可能です。 つみたてNISAはiDeco(個人型確定拠出年金)と違い、非課税期間の最長20年を待たずにいつでも解約、引き出しができます。しかし、引き出した額の非課税枠は戻らないので注意しましょう。 また、つみたてNISAは長期投資を目的としている制度のため、一度解約や引き出しをしてしまうと複利の効果がなくなってしまいます。なるべく引き出さないで良いように、無理のない積立額を設定しましょう。
つみたてNISAを始めたら確定申告が必要ですか?
確定申告の必要はありません。 つみたてNISAで得られた利益は非課税になるため、確定申告の必要はありません。
20年後の非課税期間が終わったときはどうなりますか?
NISA口座以外の課税口座に移行させるか、売却するか選択します。 つみたてNISAは20年間の非課税期間が終わったとき、一般口座や特定口座などの課税口座に移すか、売却するかを選べます。 売却した場合、基準価額が積立額より上回っていたときの利益は、非課税で受け取れます。しかし、タイミングによっては基準価額が積立額を下回ることもあるでしょう。この場合は損を確定させてしまうため、マイナスを出さないために課税口座に移して保有しておくこともできます。 なお、移行後は一般口座も特定口座も課税口座になるため、21年目からは得られた利益に約20%の税金がかかってきます。その場合、21年目以降の引き出しタイミングも重要になってくるでしょう。20年後に必ずプラスになっているとは限らないため、出口戦略を考えておくことも必要です。 また、つみたてNISAの制度は2037年までなので、新規買付ができるのも2037年までになります。ただし、2037年中に購入した投資信託は、最長20年間保有することができます。
つみたてNISAはどれくらい増えますか?
年間上限40万円、月3万3333円を20年間積み立てると、最終資産は972万円8000円ほどになるので 運用益は180万8,000円ほどと予想できます。楽天証券に取り扱いのあるファンドの中には、年利2%が期待できるものも少なくありません。もちろん、3%や5%などもっと高い利回りが期待できる銘柄であれば、さらに増やすことができるでしょう。 銀行預金の金利が低い今、お金を寝かせておかず運用する方が高い利回りが期待できるでしょう。ただし、投資信託は元本割れのリスクがある点は理解しておきましょう。

まとめ

今回は、つみたてNISAを中心とした楽天証券のサービスの特徴や、お得な情報を解説しました。楽天証券のつみたてNISAは、月額100円という超低額からスタートでき、非課税で運用できるのが魅力です。しかも、必要なときに払い出しがしやすい、楽天カードの連携でポイントを貯めやすい点も、利用者を惹きつける要素でしょう。

これから本格的に自分のお金を運用したいなら、まずは口座を開設し、長期・積立・分散投資に適したつみたてNISAに挑戦してみてはいかがでしょうか。

\NISA口座開設数3年連続No.1/

関連記事
【初心者必見】おすすめ証券会社10選!基本情報からおすすめポイントまで徹底解説
つみたてNISA口座開設におすすめの証券口座10選!口座の選び方も解説
【どんな人におすすめ?】人気のネット証券・楽天証券とSBI証券の特徴を徹底比較!
NISAの最大のデメリットとは?失敗しないために知っておきたいポイントを徹底解説!
【種類別】ETFのおすすめ銘柄は?特徴やメリット・購入できる証券会社を紹介