米国株におすすめの証券会社ランキング!手数料や銘柄数など徹底比較! | Wealth Bridge

米国株を買える代表的なネット証券は、マネックス証券SBI証券楽天証券、DMM 株、PayPay証券です。

本記事では、これらの5社を徹底比較し、米国株投資に必須のポイントを解説します。

米国株(アメリカ株)投資におすすめの証券会社ランキング

米国株(アメリカ株)投資におすすめの証券会社ランキング
(画像=Wealth Bridge編集部)

米国株の投資ではどの証券会社が人気なの?

質問者①
編集部

米国株取引ができるネット証券会社は限られます。その中でも取扱銘柄数、ツールの使いやすさなどが特徴で人気の証券会社がいくつかあります。

米国株式を扱う国内の証券会社は意外と限られます。ネット証券なら手軽に低コストで米国株投資が可能です。米国株式および米国ETF(上場投資信託)の取り扱いがある証券会社のうち、銘柄数が豊富で使い勝手の良さそうな5社を選出しました。

・ETFは、TOPIX(東証株価指数)やJPX日経インデックス400といった株価指数や、金価格などの指標に連動するように、投信会社によって運用されています。
・指標の情報はニュースなどで日々報道されていることから、値動きや損益が把握しやすく、また個別株の投資に必要な企業分析も不要なため、初心者でも始めやすい商品です。

出典:JPX(日本取引所グループ)|ETFの概要

米国株投資おすすめ証券会社

会社名 マネックス証券 SBI証券 楽天証券 DMM株 PayPay証券
米国株取扱銘柄数 4,619銘柄 6,000銘柄 4,577銘柄 1617銘柄 149銘柄
米国ETF取扱銘柄数 351銘柄 342銘柄 398銘柄 185銘柄 27銘柄
最低手数料 0円 0円 0円 - -
手数料 約定代金の0.495% 約定代金の0.495% 約定代金の0.495% ※0円 「基準価格」に0.5%を乗じた価格
上限手数料 22米ドル 22米ドル 22米ドル - -
口座開設最短日数 翌営業日 翌営業日 翌営業日 当日 2週間
※キャンペーン適用により、約定代金に関わらず0円
PR

米国株はIG証券でCFD取引もできる

IG証券
全株式銘柄数 米国銘柄数 取引単位
12,000以上 70以上 1株から

レバレッジ取引もできる

株投資家のコメント

第1位:マネックス証券

マネックス証券

マネックス証券は国内随一の米国株取扱数と、高機能取引ツール「トレードステーション」が大きな特徴です。

米国株の取扱数、手数料ともに業界トップレベル

2022年6月10日時点のマネックス証券の米国個別株式取扱数は全4,619件、米国ETF取扱数は全351件となっています。取扱個別株式は随時更新されており、2022年3月1日から7日の間だけでも16件の新規米国銘柄が追加されています。

取引手数料は最低水準で、約定代金の0.495%(税込)が売買の際にかかります。たとえば約定代金が10万円(1000米ドル)の場合、1取引あたりの手数料は495円です。

2022年6月10日現在、マネックス証券では銘柄によって買付手数料が実質無料になる「USAプログラム」を実施しています。対象銘柄はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)、バンガード・S&P500ETF(VOO)、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)など米国ETF9銘柄です。
出典:マネックス証券|取扱銘柄マネックス証券|米国ETFの買付手数料が実質無料(USAプログラム)

米国株取引専用スマホアプリで手間なく取引

米国株取引では、取引手数料以外にも、円と米ドルを交換する際には為替手数料が必要です。為替手数料はスプレッドと呼ばれる取引レートに上乗せする(米ドル→円は差し引く)方法がとられます。

通常時は±25銭ですが、定期的に見直しており、次回見直しの2022年9月まではこの為替手数料が適用される予定です。

その他、マネックス証券では、米TradeStation社の開発した米国株取引専用のスマートフォン向けアプリ「トレードステーション米国株 スマートフォン」を採用しており、逆指値やトレールストップなどの多彩な注文方法が可能です。

マネックス証券のデメリット

米国株の積立投資は100米ドル以上から

マネックス証券で米国株に積立投資するとき、100米ドル以上の金額を設定しなければ投資できません。仮に1米ドル125円のとき、日本円に換算すると1万2,500円〜積立投資をすることができます。投資信託は100円から積立てられるため、これと比べるとやや高額であるのがデメリットになります。他のネット証券会社でいうと、SBI証券は米国株を1株や1口(米国ETF)から積立をすることが可能です。

為替コストを抑えにくい

マネックス証券の為替コストは、1米ドルあたり片道25銭と一般的になっています。ですが、SBI証券や住信SBIネット銀行のように片道4銭など為替コストを抑える手段はありません。マネックス証券は買付時の為替手数料が無料になっています。次回は、2022年6月見直しがされるようです。

出典:マネックス証券|米国株(アメリカ株)

マネックス証券の評価ポイント

  • 取扱銘柄数が多い
  • 買付時為替手数料が無料

\100円から始められる投信つみたて!/

女性の口コミ

性別:女性
年齢:30代
職業:正社員

当時は取引手数料が安いネット証券で探していました。 また、投資スタイルは米国株中心で考えていたため、ETF含めた幅広いラインナップを取り揃えているマネックス証券に決めました。 直近の成績がグラフですぐ確認できるため視覚的に把握がしやすいのがメリットです。一方デメリットとしては損益が分かりにくいため今後の改善に期待しています。

出典:クラウドワークス

第2位:SBI証券

SBI証券【公式】- YouTubeチャンネルより

SBI証券は口座開設数が845万以上(2022年3月末時点)とNo.1(同社ホームページより)で、ネット証券大手の一つとして業界を牽引しています。
出典:SBI証券|顧客中心主義に基づく業務運営の実施状況、

米国株以外にも全9ヵ国の外国株を取り扱う

SBI証券は米国株だけでなく韓国、ロシア、ベトナム、シンガポールなど取り扱っている外国株が豊富(全9ヵ国)で、米国IPO銘柄も扱っているのが特徴です。米国株を含めた分散投資を自動的にやってくれるロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」にも対応しています。

SBI証券の米国個別株式の取扱数は6,000件超、米国ETF取扱数は342件と、常に業界トップクラスです(2022年6月10日時点)。
出典:SBI証券|WealthNavi(ウェルスナビ)の魅力SBI証券|米国株式取扱銘柄一覧

業界最低水準の取扱手数料

SBI証券の取引手数料は最低水準で、約定代金の0.495%(税込)が売買の際にかかります。約定代金が2.02米ドル以下の取引に関しては、取引手数料は無料です。

米国株を買うならどこ?5大ネット証券徹底比較と、米国株で失敗しないためのポイント
(画像=SBI証券|米国株式手数料より引用)

さらに、SBI証券では為替手数料は円から米ドル、米ドルから円いずれの場合も25銭のスプレッドが上乗せされます。

2021年4月より、米国株取引専用アプリ「SBI証券米国株アプリ」の提供が始まっています。取引機能はもちろん、チャートによる銘柄分析、テーマやキーワードを使った検索、米国決算速報もスマホ上で可能です。
出典:SBI証券|米国株式取引SBI証券|Wow!株主デビュー!~米国株式手数料Freeプログラム~

SBI証券の評価ポイント

  • 口座開設数No.1
  • 米国株取扱銘柄数が多い
  • ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」対応

\充実の運用商品ラインナップ!/

女性の口コミ

性別:女性
年齢:20代
職業:派遣社員

初めて証券口座を作るためにいろいろと調べていたのですが、米国株投資を考えていたので商品の多さと手数料の安さ、大手の安心感からSBI証券を選びました。Tポイントが使えるというのもわたしの中では決め手のひとつになりました。 デメリットは今のところはとくに感じていませんが、メンテナンス中のことが多いのかなとは思いました。

出典:クラウドワークス

第3位:楽天証券

楽天証券
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

楽天証券は楽天ポイントとの連携や各種キャンペーンが豊富なことが特徴です。

「超割コース」の選択で手数料の1%ポイントバック

楽天証券では、手数料コースを「超割コース」にすれば、国内株式、外国株式、先物・オプション、海外先物、金・プラチナ取引の手数料の1%がポイントバックされます。

また、円と米ドルを両替する際の手数料が、通常1米ドルあたり25銭なのが4銭に(2022年6月30日まで)、米株積立デビュー&2万円以上の約定達成ごとに最大150ポイントプレゼントなどのキャンペーンを随時行っています。

楽天証券の米国個別株式の取扱数は4,577件、米国ETFの取扱数は398件です(2022年6月10日時点)。
出典:楽天証券|現在実施中のキャンペーン一覧

投資家から評価の高い取引ツールを提供

米国株取引の手数料は業界最低水準で、通常約定代金の0.495%(税込)です。約定代金が高額になった場合の手数料には上限が設けられています

さらに、同社が指定した商品に限り買い付け手数料は無料です。対象は米国ETF15銘柄で、バンガード・S&P 500 ETF(VOO)、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)などが含まれます。

米国株を買うならどこ?5大ネット証券徹底比較と、米国株で失敗しないためのポイント

楽天証券と言えば導入時話題となった高機能取引ツール「マーケットスピード(MARKETSPEED)」です。20種類以上の分析チャートやリアルタイム情報、取引に必要な情報を一画面に表示、ワンクリック注文など機能性と操作性の高さが特徴です。スマホアプリ「iSPEED」でも米国株式の分析や取引が可能です。
出典:楽天証券|米国株式

楽天証券の評価ポイント

  • 楽天ポイントとの連携や各種キャンペーンが豊富
  • 米国ETF取扱銘柄数が多い
  • 「超割コース」で手数料1%ポイントバック

\楽天ポイントで投資もできる!/

男性の口コミ

性別:男性
年齢:40代
職業:正社員

全般的に優れた証券会社だと思います。手数料が相対的に安価の部類ですし、無料ETFも多数用意されており、近年はスマホアプリにまで米国株取引が導入され手軽な取引が可能になりました。楽天証券の売りはトレードツールだと思います。チャートも見やすく、オシレーターなどのさまざまなデータも好みのカスタマイズが可能です。四季報や日経のデータや速報なども無料で手軽に取得できますし平時は申し分ないレベルです

出典:クラウドワークス

楽天証券の口座開設方法

STEP1 メールを送信する

楽天会員登録を行い、登録時のアドレスを入力しメールを送信します。

楽天1
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

STEP2 本人確認を行う

運転免許書または、個人番号カードを提出し本人確認を行います。

楽天2
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

STEP3 重要書類へ同意する

楽天3.
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

STEP4 口座開設完了のメールが届く

楽天4
(画像=楽天証券公式サイトより引用)

簡易書留が郵送され、書類に記載のID・初回パスワードをでログインし「初回ログインパスワードの変更」「初回設定」「マイナンバーを登録」を完了後、取引開始できます。

第4位:DMM 株

DMM 株
(画像=DMM 株公式サイトより引用)

DMM 株も米国株式に力を入れています。米国個別株式取扱銘柄数は1,617件、米国ETF取扱数は185件です(2022年6月10日時点)。品ぞろえは、業界最高水準と比べると半分以下ですが、ビッグテック5社GAFAMなど主要な銘柄は一通りそろっています

業界で唯一米国株取引手数料が無料

米国株式の取引手数料は、業界では唯一約定代金にかかわらず一律0円となっています。買付手数料のみ無料となっている証券会社がありますが、多くはキャンペーンによる価格で、常に取引手数料が無料なのはDMM株だけです。1回の手数料が約定代金10万円に対し500円が一般的な水準において、往復無料はかなり画期的な取り組みです。

DMM 株は初心者向けのサポートも充実しています。現物株式、信用株式や米国株式に関する疑問、口座開設や取引ツールの操作方法について、平日24時間電話やLINEによる問い合わせが可能です。

米国株式は提供されているツール「DMM株」のPCインストール版、Web版、スマホアプリいずれでも取引できます。スマホアプリには機能を最小限にしたシンプルな「かんたんモード」と、チャートや板情報から迅速な発注ができる多機能な「ノーマルモード」が用意されており、用途に応じて使い分けできるのも特徴の一つです。
出典:DMM 株|お客様サポートDMM 株|米国株式

DMM株の評価ポイント

  • 業界で唯一米国株取引手数料が無料
  • 初心者向けのサポートが充実

第5位:PayPay証券

PayPay証券
(画像=PayPay証券公式サイトより引用)

PayPay証券の特徴は非常にユニークです。株式の単元数を気にすることなく、すべての商品が1000円から購入できます。通常、国内株式では数十万、米国株式でも数万円が最低購入金額ですが、PayPay証券では有名な大型株でも1,000円から注文可能です。

取り扱っているすべての商品に適用されるので、国内株式、外国株式、投資信託、IPO(新規公開株式)がすべて少額投資の対象になります。

米国株は厳選された銘柄のみ、取引方法も初心者向け

2022年6月10日時点の取扱米国個別株数は149件、米国ETF取扱数27件と数はそれほど多くはありませんが、最近注目されたファイザーやモデルナも取り扱っており、厳選されていると考えることもできます。

米国株式の取引手数料は以下のように決められます。「約定代金」ではなく「基準価格」としているのは、正確には投資家と市場が取引するのではなく、市場とPayPay証券が取引した株式の一部を投資家とやり取りする「相対取引」としているためです。

米国株を買うならどこ?5大ネット証券徹底比較と、米国株で失敗しないためのポイント

PayPay証券では、情報収集や取引もすべてスマートフォン上で行います。注文方法は「成行」しかないため、複雑でスピーディな取引がしたい人には向きませんが、初心者が分かりやすくシンプルに取引をするには最適な証券会社です。
出典:PayPay証券

PayPay証券の評価ポイント

  • 厳選された銘柄のみで、取引方法も初心者向け
  • すべての商品が1000円から購入可能
女性の口コミ

性別:女性
年齢:20代
職業:正社員

PayPay証券は単元未満株式や、こちらの指定額分の株式やETFを購入することが可能です。日本株や単価の高い米国株を購入することを目的にPayPay証券の口座を開設しました。もちろん手軽に単元未満株式を購入できるという大きなメリットがあります。一方で、取引手数料が他の証券口座と比較すると割高で、チャートも見ることができないというのがデメリットです。

出典:クラウドワークス

米国株(アメリカ株)投資におすすめの証券会社の選び方 3つのポイント

米国株(アメリカ株)投資におすすめの証券会社の選び方
(画像=Wealth Bridge編集部)

米国株の投資を始めたいけどどんな証券会社を選べばいいの?

質問者①
編集部

米国株の取扱銘柄数の多さや売買時の手数料の安さで、自分にあった証券会社を選ぶのがポイントです。

米国株投資に適した証券会社を選ぶには、まず米国株式の取り扱いが十分にあるか確認することが必要です。また、取引にかかるコストである外国株式取引手数料と為替手数料の比較、あるいは便利な注文方法があるかにも注目しましょう。

証券会社の選び方

  • 取扱銘柄数の多さ
  • 取引手数料や為替手数料の安さ
  • 注文方法の種類

証券会社の選び方1,取扱銘柄数の多さ

証券会社によって、米国株式の取り扱いがある場合とない場合があります。1件でも多い方が良いように感じられますが、取扱数は各社とも随時変更されているので数十件程度の違いはあまり考慮に入れなくても良いでしょう。

2022年6月現在、マネックス証券と楽天証券は、米国株取扱数4000件前後、SBI証券が6,000件超と他社をリードしています。3社と比べるとDMM 株は1,600件超という水準ですが、誰でも名前を知っているような有名企業に投資するのであれば十分な取扱数です。

PayPay証券は149件と控えめです。初心者にとっては選択肢がありすぎることもコストになりうるので、検討している銘柄が含まれているのであれば、この規模でも問題にならないケースもあります。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

証券会社の選び方2,取引手数料や為替手数料の安さ

米国株式取引の主なコストは取引手数料と為替手数料です。

取引手数料が無料なのはDMM 株

取引手数料は約定代金に一定割合をかけて算出することが多く、マネックス証券やSBI証券、楽天証券の主要3社では約定代金×0.495%(税込)という水準です。約定代金1万円につき49.5円取引手数料がかかります

DMM 株は約定代金にかかわらず一律無料です。他社ではキャンペーンで期間限定あるいは銘柄を限定して取引手数料無料にするところが見られます。

PayPay証券は時間帯によって取引手数料が異なるので要注意です。現地時間9:30~16:00は基準価格に0.5%を乗じた価格ですが、それ以外の時間帯は同0.7%になるので手数料が1.4倍になります。

為替手数料は期間限定で引き下げられている証券会社もある

為替手数料は円と米ドルを交換する際に発生します。1ドルあたり25銭が標準ですが、マネックス証券は買付時の為替手数料を無料にするサービスを行っています。また楽天証券では、米ドル為替手数料キャッシュバックキャンペーンを実施しており、2022年6月30日まで為替手数料が実質4銭となります。

PayPay証券は少し高めで、1米ドルあたり35銭の為替手数料がかかります。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

証券会社の選び方3,注文方法の種類

米国株投資は取引時間が現地時間に限られるため、日本で取引するのは夜中から朝方になります。リアルタイムで取引できない場合は、さまざまな条件を付けて取引できる注文方法があると便利です。

マネックス証券

マネックス証券の注文方法は多彩です。注文種別には「指値」「成行」「逆指値(指値)」「逆指値(成行)」「トレールストップ」「トレールストップ」があります。トレールストップは損失を限定しつつ利益を最大化するよう逆指値注文の価格を自動修正する機能です。

また、条件付き注文には「連続注文」、「OCO(OCOs)注文」、「OCO(ツイン指値)注文」のように1つの銘柄に複数の注文ができる機能もあります。
出典:マネックス証券|注文方法

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

SBI証券と楽天証券

SBI証券と楽天銀行の注文方法は「指値」、「成行」、「逆指値」の3つです。米国株式では逆指値注文ができると便利です。逆指値とは指定した条件より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売り」といった売買ができる注文方法です。

逆指値注文があれば、注文種別数が少なくても十分機能は備わっていると言えます。
出典:SBI証券|米国株式取引楽天証券|米国株式 取引ルール

\スマホアプリで米国株投資が完結する!/

\初心者に易しいサポート充実!/

DMM 株

DMM 株の注文方法は「指値」、「成行」、「IFDONE注文」の3つです。IFDONE(イフダン)注文とは、ある注文(親注文)に指定した金額以上になったら売るという条件を付け、親注文が約定後に次の注文(子注文)を発注する注文方法です。
出典:DMM 株|商品概要・取引ルール

PayPay証券

PayPay証券は約定価格を指定できない「成行」のみです。正確には市場と直接取引するわけではないので証券会社が提示する株価で売買が成立します。シンプルな取引を好む投資家ならこれだけでも全く問題ありません。

米国株の購入できる証券会社比較

当メディアのランキングは各社の公式ホームページを基に編集部の独自の調査や専門家へのヒアリングに加え、実際のユーザー様からの口コミや評判を参考にランキングを判断しています。
ランキングの根拠についてはこちら

米国株(アメリカ株)で損しないために知っておきたい3つの指数

米国株(アメリカ株)で損しないために知っておきたい3つの指数
(画像=Wealth Bridge編集部)

米国株で失敗を防ぐために注意するポイントは?

質問者①
編集部

失敗のリスクを回避するためにも、代表的な米国株価指数はチェックしておきましょう。

米国株式市場の現状がどうなっているかを把握するには、主要株式あるいは市場全体の状態を表す指数を参考にするとよいでしょう。指数にはそれぞれ特徴や性質があるので、ニュースなどで情報収集をする際はそれらの違いを把握しておくと取引に生かせます。ここで紹介するのは以下の3つの指数です。

米国株投資で押さえたい3つの指数

  • ダウ工業株 30種平均株価指数
  • ナスダック総合指数
  • S&P500種指数

ダウ工業株 30種平均株価指数

米国のダウ・ジョーンズ社が算出している平均株価指数で、米国の代表的な業種の銘柄の株価を元にしています。構成銘柄が30種類に限られているため、個別の株価の値動きの影響を受けやすく、米国市場全体の動きを表しているとは言いにくい性質があります。

構成銘柄は時代の流れに合わせて随時銘柄の入れ替えが行われており、2022年6月10日現在、代表的な銘柄は、アップル、インテル、コカ・コーラ、ウォルマート、マイクロソフトなどです。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

ナスダック総合指数

ナスダック(NASDAQ)市場に上場しているすべての銘柄約3000を対象とし、時価総額加重平均で算出したものです。ナスダック市場には、ハイテク企業やIT関連の企業など新興企業が多く上場しているため、それらの企業の動向をはかるのには適していますが、必ずしも米国全体の経済状態を表しているとは言えません。

代表的な銘柄としてはアップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、テスラ、エヌビディア、アルファベット(グーグル)などが挙げられます。なお、ナスダック上場企業のうち時価総額上位100銘柄で構成されているのが「ナスダック100指数」です。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

S&P500種指数

米国で最も代表的な株価指数です。500銘柄で構成され、米国株式市場の時価総額の約75%をカバーしているため、米国株式市場の現在の動向を把握するのに最適な株価指数と言われています。

多くの金融商品でこの指数が採用され、S&P500をベンチマークとする運用資産の総額は11兆2000億米ドルを超えるといいます。

時価総額の大きい構成銘柄はナスダック総合指数と共通しますが、ナスダックのように多くの新興企業を対象にはしていません。構成銘柄の時価総額を加重平均して算出されるため、時価総額の大きい銘柄(大型株)の影響を受けやすく、時価総額の小さい銘柄の株価動向は反映されにくい傾向です。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

米国株(アメリカ株)で失敗しない!押さえておきたい指標や統計

米国株(アメリカ株)で失敗しない!押さえておきたい指標や統計
(画像=Wealth Bridge編集部)

米国株投資で他にチェックした方がいいことは?

質問者①
編集部

株価指数以外にも雇用に関する統計などを確認しておくことで、より米国株投資で生かせる情報があります。

株価指数以外にも、米国株投資を行うときに注目したい指標や統計があります。中でも必ず覚えておきたいのが、「米雇用統計」です。

「雇用統計」
失業率など、国の雇用状況を表す経済指標のこと。為替取引において最も注目されているのが「米国雇用統計」であり、米国内における「非農業部門雇用者数」、「失業率」の他、「製造業就業者数」、「小売業就業者数」、「週労働時間」、「賃金インフレの状態を示す平均時給」など10数項目が発表される。発表時期は毎月第1金曜日が多い。

引用元:マネックスFX|用語集「雇用統計(こようとうけい)」

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

雇用統計の指標にはこんなものがある

米雇用統計とは、米国労働省が毎月第1金曜日に発表する米国の雇用情勢を調べた景気関連の経済指標です。「失業率」、「非農業部門就業者数」、「建設業就業者数」、「製造業就業者数」、「小売業就業者数」、「金融機関就業者数」、「週労働時間」、「平均時給」など、十数項目の統計をまとめて米雇用統計と呼んでいます。

働く意思がある人の中で仕事を持つ人の割合、業種ごとの働く人の人口、労働時間や給与水準といった労働環境を数値ではかることにより、雇用の実態を把握するのに役立つ数値です。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

雇用統計で注視したい2つの数値

中でも重要視されているのが「失業率」と「非農業部門雇用者数」です。

失業率は失業者を労働力人口(失業者と就業者の合計)で割って計算した数値です。失業者とは「仕事をもたず」、「現在就業可能であり」、「仕事を探していた」という要件を満たす者を指します。

米国の失業率はおおむね5%前後で推移していますが、コロナショックがあった2020年の4月には14.7%まで上昇したこともあり、景気の動向をリアルに反映していると言えます。
出典:Yahoo!ファイナンス公式サイト

「非農業部門雇用者数」は、自営業や農業従事者を含まず、民間企業や政府機関に雇用されている人の数です。景気が良ければ雇用は増え、悪ければ減るので、こちらも米国経済の状況をリアルに反映していると言われています。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

米国株運用時に雇用統計が注目される理由

数々の経済指標の中で雇用統計が注目される理由は2つあります。

雇用情勢の変動は個人所得や個人消費などにも大きく影響します。米国GDPの約7割は個人消費が支えており、個人の購買力が低下すれば景気が低迷する恐れがあるというのが一つの理由です。

もう一つはFOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策に強い影響を与えるためです。FOMCは雇用の最大化と物価の安定を目標にしており、雇用統計をもとに金融政策を決定しています。金利など金融政策に変更があれば、株式市場や為替市場にも大きな影響を与えかねません。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

時価総額ランキング トップ50

時価総額ランキング トップ50
(画像=Wealth Bridge編集部)

時価総額とは?

質問者①
編集部

時価総額は、株式投資において企業規模を表すのに重要な指標です。時価総額が大きいほど、その銘柄が高く評価されています。

Yahoo!JAPANファイナンスがまとめた2022年6月10日18時時点の米国株時価総額ランキングによると、トップ50の企業は以下の通りです。

順位 名称 時価総額(米ドル) 業種 市場
1 アップル (AAPL)  2兆3,086億5,421万8,000 IT・通信 NASDAQ
2 マイクロソフト (MSFT)  1兆9803万7318万4,000 IT・通信 NASDAQ
3 アマゾン・ドット・コム (AMZN)  1兆1,817億5,767万7,000 サービス NASDAQ
4 テスラ (TSLA) 7,450億1,545万7,000 一般消費財 NASDAQ
5 アルファベット クラスC (GOOG) 7,202億5,182万2,000 IT・通信 NASDAQ
6 アルファベット クラスA (GOOGL) 6,907億6,681万8,000 IT・通信 NASDAQ
7 台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング (TSM) 4,711億2981万1,000 IT・通信 NASDAQ
8 ユナイテッドヘルス・グループ (UNH) 4,591億6,932万8,000 金融 NYSE
9 ジョンソン&ジョンソン (JNJ) 4,571億80万7,000 医療関連 NYSE
10 エヌビディア (NVDA) 4,512億 IT・通信 NASDAQ
11 メタ・プラットフォームズ (FB) 4,509億9,753万3,000 サービス NASDAQ
12 エクソン・モービル (XOM) 4,311億3,726万9,000 エネルギー NYSE
13 メタ・プラットフォームズ (META) 4,220億745万5,000 サービス NASDAQ
14 バークシャー・ハサウェイ (BRK-B) 3,867億5,400万1,000 金融 NYSE
15 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー (JPM) 3,680億4,179万4,000 金融 NYSE
16 シェブロン (CVX) 3,487億9,368万5,000 エネルギー NYSE
17 プロクター・アンド・ギャンブル (PG) 3,418億7,580万7,000 一般消費財 NYSE
18 ビザ 3,391億9,921万5,000 工業 NYSE
19 マスターカード (MA) 3,367億5,737万3,000 工業 NYSE
20 ウォルマート・ストアズ (WMT) 3,317億3,397万9,000 サービス NYSE
21 ホーム・デポ (HD) 3,081億8,259万8,000 サービス NYSE
22 アリババ・グループ・ホールディング(BABA) 2,939億8,250万 IT・通信 NYSE
23 ファイザー (PFE) 2,924億4,176万2,000 医療関連 NYSE
24 イーライ・リリー (LLY) 2,881億3,588万6,000 医療関連 NYSE
25 バンク・オブ・アメリカ (BAC) 2,780億4,298万7,000 金融 NYSE
26 バークシャー・ハサウェイ (BRK-A) 2,775億5,512万8,000 金融 NYSE
27 コカ・コーラ (KO) 2,679億477万5,000 一般消費財 NYSE
28 アッヴィ (ABBV) 2,569億9,081万9,000 医療関連 NYSE
29 ノボ・ノルディスク (NVO) 2,556億3,632万 医療関連 NYSE
30 ロイヤル・ダッチ・シェル (RDS.A) 2,525億1,039万5,000 エネルギー NYSE
31 ブロードコム (AVGO)  2,343億8,944万 IT・通信 NASDAQ
32 トヨタ自動車 (TM)  2,259億4,108万8,000 一般消費財 NYSE
33 ペプシコ (PEP)  2,250億7,323万 一般消費財 NASDAQ
34 ASMLホールディング (ASML)  2,243億7,834万2,000 IT・通信 NYSE
35 メルク (MRK)  2,225億3,484万2,000 医療関連 NYSE
36 ロイヤル・ダッチ・シェル (SHEL)  2,211億2,747万6,000 エネルギー NYSE
37 ベライゾン・コミュニケーションズ (VZ)  2,139億2,985万 IT・通信 NYSE
38 バークシャー・ハサウェイ (BRK.A)  2,121億6,448万1,000 金融 NYSE
39 サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック (TMO)  2,111億7,314万1,000 医療関連 NYSE
40 コストコ・ホールセール (COST)  2,091億66万 サービス NASDAQ
41 アドビ (ADBE)  1,973億4,870万5,000 IT・通信 NASDAQ
42 アボット・ラボラトリーズ (ABT)  2,141億3,075万6,000 医療関連 NYSE
43 ロイヤル・ダッチ・シェル (RDS-B)>  1,955億1,485万7,000 エネルギー NYSE
44 ロイヤル・ダッチ・シェル (RDS-A)  1,954億3,827万5,000 サービス NYSE
45 アストラゼネカ (AZN)  1,943億361万5,000 医療関連 NASDAQ
46 ノバルティス (NVS)  1,911億2,438万8,000 医療関連 NYSE
47 コムキャスト (CMCSA)  1,885億6,865万8,000 サービス NASDAQ
48 ウォルト・ディズニー(DIS)  1,881億5,927万1,000 サービス NYSE
49 ダナハー(DHR)  1,881億3,838万4,000 医療関連 NYSE
50 アクセンチュア(CAN)  1,871億2,557万9,000 工業 NYSE
PR

IG証券で米国トップ銘柄を売買できる

IG証券
全株式銘柄数 米国銘柄数 取引単位
12,000以上 70以上 1株から

レバレッジ取引もできる

出典:Yahoo!JAPANファイナンス(2023年3月19日時点)

アップル

米国株におすすめの証券会社ランキング!手数料や銘柄数など徹底比較!
(画像=Appleより引用)

アップルはアメリカのテクノロジー系多国籍企業で、デジタルデバイスやソフトウェア、オンラインサービスの開発および販売を行っています。

1976年にスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックによって創設され、今では時価総額世界1位の巨大企業です。

アップルは現在でも増収増益を継続していますが、まだまだ成長を続けると予想されます。それは、電気自動車への参入を発表しているほか、すでにApple Arcade、Apple Payなどのサービス事業も展開しており、革新的な商品やサービスの開発を続けているからです。

米国株式の中でも投資家の間で最も人気の高い銘柄であり、今後も画期的なサービスの開発が期待されています。

マイクロソフト

米国株におすすめの証券会社ランキング!手数料や銘柄数など徹底比較!
(画像=Microsoftより引用)

マイクロソフトはアメリカのワシントンに拠点を置くソフトウェア開発企業です。1975年にニュー・メキシコ州アルバカーキで、26歳のビル・ゲイツと彼の友人ポール・アレンによって設立されました。

その後は、世界的な大手ソフトウェア企業としてパソコンの普及と共に急激に成長しました。現在はパソコンやスマホ向けOSの「Windows」シリーズなどのソフトウェア製品の開発や販売が主力事業です。

Microsoftの主力事業であるクラウド事業は、近年急成長を遂げている分野であり、長期的にリターンが期待できます。特に「Office」など売上が安定している部門が好調であり、赤字に転落する可能性も相対的に低いといえます。

アマゾン

米国株におすすめの証券会社ランキング!手数料や銘柄数など徹底比較!
(画像=Amazonより引用)

アマゾンはアメリカのシアトルに拠点を置く多国籍テクノロジー企業です。世界最大のオンラインショッピングサイトとして日本でも知名度は高いのですが、人工知能やクラウドコンピューティングなど多様な事業も運営しています。同社の創業者兼取締役執行会長はミリオネアとしても知られているジェフ・ベゾス氏です。

アマゾンは配当を行わない企業として有名ですので、投資をためらう人もいるかもしれません。しかし、同社は研究開発費に凄まじい勢いで投資を続けており、それが同社の成長を支えています。同社の株価は2000年時点から100倍以上に成長しており、長期的な投資対象としては魅力的です。

上位はNASDAQ上場銘柄が独占

アップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムの3社が時価総額において他社を圧倒しているのが分かります。NASDAQは新興市場に位置付けられていますが、新興企業が成長してもそのまま上場を続けることが多いので、規模の大きな銘柄が属していることも少なくありません。

同じ企業名が複数存在するのは、株式分割や種類分けによって別銘柄とされているためです。たとえばGoogleの親会社であるアルファベットの株式は議決権のある「CLASS A」と議決権のない「CLASS C株式」に分かれています。

また、バークシャー・ハサウェイもA株とB株を発行しています。A株の株価は調査時(2022年6月10日時点)では45万2,260ドル、日本円(1ドル=130円)にして1株約5,880万円です。A株はプロの機関投資家によって取引され、B株は一般の投資家を対象としています。B株の株価は300.8ドル、1株約3万9,104円です。

時価総額は企業価値をはかる尺度の1つ

業種別にみると、時価総額が大きい銘柄にはIT・通信業が多いことが分かります。かつて米国と言えばエクソン・モービルをはじめとするエネルギー業や、AT&Tのような通信インフラ業が時価総額の上位を占めていましたが、現在これらの業種にそのような勢いはみられません。

時価総額は「株価×発行済株式数」によって算出されます。業績の良い企業は株価が高く買い手も多いため時価総額も大きくなります。時価総額は企業価値をはかる際の重要な尺度の1つです。

しかし株価は企業の業績だけでなく外的要因にも影響を受け、企業のポテンシャルが過大に評価されることもあるため、必ずしも正確に表しているとは言えません。

\取扱銘柄数5,000超の米国株が特徴!/

米国株(アメリカ株)に関するFAQ

Q.米国の取引可能時間は?

ニューヨーク証券取引所、ナスダック証券取引所といった米国株式市場の取引時間(立会時間)は、現地時間の9:30から16:00です。日本時間では23:30から翌6:00(サマータイムの場合22:30から翌5:00)となっています。

証券会社によっては立会時間以外の時間帯でも取引可能なところがあります。マネックス証券では現地時間の8:00から9:30の「プレ・マーケット」、16:00から20:00の「アフター・マーケット」も取引が可能です。PayPay証券は24時間いつでも売買できますが、立会時間以外の時間帯は手数料がやや高くなります。
出典:マネックス証券|米国株の取引時間と注文可能時間

Q.米国株の最低取引単位は?

米国株式は基本的に「1株」単位で取引可能です。時価総額最大のアップルの株価は2022年6月10日時点で142.64米ドル、日本円にして約1万8,543円です。比較的少額から有名企業の株主になれるのが米国株投資のメリットです。

Q.1000円からでも米国株は買えるの?

米ITサービス業のウィプロのように1000円以下で買える米国株もありますが、株価の低い銘柄には新興企業や業績低迷企業が多く、あまり初心者向けとは言えません

米国株には、コカ・コーラやAT&T、バンク・オブ・アメリカといった有名企業でも5000円以下で購入できる銘柄があります。どうしても1000円単位で売買したいということであれば、PayPay証券が良いでしょう。取り扱う商品すべてが1000円から購入可能です。

Q.米国株の魅力は?

米国株式の魅力の1つに、少額から買える点が挙げられます。

米国株式は1株から購入可能なので、誰でも名前を知っているような世界的有名企業でも数万円あれば株主になれます。

また、日本株式に比べてパフォーマンスが良い点も魅力です。2022年5月末を起点にすると、TOPIXの年平均リターンは5年で6.35%、10年で12.57%であるのに対し、S&P500は5年で16.11%、10年で19.44%となっています。
出典:myINDEX公式サイト

その他、米国株には高配当銘柄が多い、為替差益が得られるというメリットもあります。高配当銘柄にはAT&Tの9.21%、ルーメン テクノロジーズの9.31%のように配当利回りが8%を超えるものも珍しくありません。

最低購入金額は小さく、年4回の配当支払いがあります。為替差益は株価や配当以外での利益確保ができますが、為替差損のリスクと背中合わせなので注意が必要です。

Q.NISAで米国株は買えるの?

SBI証券、楽天証券、マネックス証券、DMM 株では、NISA口座で米国株の買付が可能です。PayPay証券はNISAに対応していません

米国株式をNISAで買うには、外国株式の買注文入力時に、預り区分で「NISA預り」を選択します。入力時は注文金額がNISA投資可能枠(年間120万円)におさまるように気をつけましょう。

Q.外貨決済と円貨決済どちらがいいの?

米国株式投資の基本通貨は米ドルです。購入の際、「外貨決済」を選択するときは、あらかじめ為替取引や外貨入金で米ドルを用意しておかなくてはいけません。

「円貨決済」なら、証券口座にある日本円を自動的に米ドルに交換してくれますが、多くのネット証券で1ドルあたり25銭のスプレッドが発生します。すでに外貨を持っているか、より安い手数料で両替ができる方法があるなら外貨決済が良いでしょう

売却の際も「外貨決済」か「円貨決済」の選択が可能です。外貨決済なら売却代金は外国株式口座の残高に反映され、円貨決済なら証券口座の日本円の残高に反映されます。売却時に外貨決済にしておくと、次回米国株を購入する際にその米ドルを購入資金に充てられます。

Q.米国株に株主優待はあるの?

米国企業はほとんどの場合配当による株主還元をおこなっており、優待制度を取り入れている企業は原則としてありません

野村IRの「株主優待実施企業 実態調査」によると、日本の上場企業の36.4%(2020年12月時点)は株主優待を実施していますが、株主優待は世界的にも珍しい制度で、米国企業ではあまりみられません。その代わり米国株は高配当銘柄が多く、配当回数も年4回など頻度が高いのが特徴です。
出典:野村IR|株主優待実施企業 実態調査

Q.米国株で活用したいオススメのツールはありますか?

米国株取引では自身の目的に合ったツールを使うことが大切です。逆指値注文やトレールストップといった複雑な注文方法をしたいと考えるなら、多彩な注文方法に対応したマネックス証券の「トレードステーション米国株」が便利です。

初心者から上級者まで対応した取引ツールを提供するDMM 株もおすすめです。

シンプルな画面構成で難しい用語や複雑な操作が必要のないパソコン版取引ツール「DMM株 STANDARD」とスマホアプリの「かんたんモード」は初心者向け、ワンクリック注文や画面カスタマイズなど取引時の操作性が高い「DMM株 PRO」と、注文機能とチャート機能をさらに強化した「DMM株 PRO+」は上級者向けに作られています。1つのツールで国内株式と米国株式が取引可能な点も魅力です。

Q.売却時にどんな税金が掛かるの?

米国株を売却した際にかかる税金は、日本と同じく「譲渡益課税」です。米国株の譲渡益課税は米国では課税されず国内で課税されます。税率は国内株式等と同じ20.315%です。外貨決済でも円換算して算出します。

売却時だけでなく、配当を受け取った際にも税金が発生します(配当課税)。まず米国で税率10%が源泉徴収され、国内で残りに対して20.315%が徴収されます。配当金は日本と米国で二重課税されているため、確定申告において「外国税額控除」が認められます

なおNISAで米国株を取引した場合は譲渡益税も配当課税も発生しないため、米国内の10%の源泉徴収だけが発生します

証券会社のランキングの根拠について

当メディアのランキングは各社の公式ホームページを基に編集部の独自の調査や専門家へのヒアリングに加え、実際のユーザー様からの口コミや評判を参考にランキングを判断しています。ランキング作成のは以下の軸に基づいて実施しています。

口座開設数 各証券会社の公式掲載情報
取扱銘柄数 各証券会社の公式ホームページ掲載情報
手数料 各証券会社の公式ホームページ掲載情報
口座開設スピード 各証券会社の公式ホームページ掲載情報
キャンペーン 書く証券会社の公式ホームページ掲載情報
付与ポイント 各証券会社の公式ホームページ掲載情報
ツール 各証券会社の公式ホームページ掲載情報
おすすめポイント 各証券会社の公式ホームページ掲載情報
関連記事
【初心者必見】おすすめ証券会社10選!基本情報からおすすめポイントまで徹底解説
つみたてNISA口座開設におすすめの証券口座10選!口座の選び方も解説
【どんな人におすすめ?】人気のネット証券・楽天証券とSBI証券の特徴を徹底比較!
NISAの最大のデメリットとは?失敗しないために知っておきたいポイントを徹底解説!
【種類別】ETFのおすすめ銘柄は?特徴やメリット・購入できる証券会社を紹介米国ETFを購入するメリットとは?投資初心者におすすめの米国ETFをご紹介