編集長メッセージ

 2004年「着物からはじまる暮らし」をテーマに創刊して、
『七緒』は今年で10年目を迎えます。
 アンティーク着物から火がついた20代、30代の着物人気は、
人目をひくコスチュームでもなく、非日常的で高価な衣裳でもない、
日々の暮らしの延長線上にあるお洒落の一つとして
着実に、定着しました。
 また近頃は、和の文化への関心も高まってきています。
歌舞伎や落語人気しかり。茶道や香道などの稽古事人気しかり。
これまで和とは縁のなかった一般誌でも特集が組まれるほどで、
そこを端緒に、着物に興味を持つ人も増えているようです。
 「着物を着たい」と思う人にとっての第一歩であり、よき友でもある。
着る人にとって、手の届きやすい身近な情報を紹介しながら、
『七緒』はこれからも、単なるお洒落着としての着物だけでなく
和文化をふまえた、着物のある暮らしの楽しさを伝えてゆきます。