PRESIDENT 経営者カレッジ 「もっと成長したい」経営者の学びの場

2019年11月 先行登録スタート

名経営者が「経営の奥義」を伝授。

この混迷の時代にも通用する
「経営哲学」や「経営手法」とは?
それを教えてくれるのは、数々の実績を残してきた
名経営者をおいてほかにいない、
という結論に至りました。

1963年創刊のビジネス誌「プレジデント」が
長年培ってきた編集ノウハウや、
日本を代表する企業との信頼関係を生かし、
名経営者から直接学べる場をつくることにしました。

「PRESIDENT経営者カレッジ」を、ここに開講します。
この講座では、講師の貴重な成功体験や苦労談に
耳を傾け、自ら「学び」ます。
講師や受講者との談義を通して「気づき」を得ます。
自分なりに咀嚼して、経営で「実践」し、
結果を出していくのです。

自らの手で、さらに成長する会社へ。

成功談も失敗談も、満載の白熱講義。

来春の本格開講に先立ち、今秋3つの「経営塾」が開講

経営者限定、少人数制の濃密さ。

レジェンドが教える「経営の鉄則」 宮内塾
宮内義彦
オリックス
シニア・チェアマン
宮内義彦

講師プロフィール

1935年神戸市生まれ。58年関西学院大学商学部卒業。60年ワシントン大学経営学部大学院でMBA取得後、日綿実業(現双日)入社。64年オリエント・リース(現オリックス)入社。 70年取締役、 80年代表取締役社長・グループCEO、 2000年代表取締役会長・グループCEO、 03年取締役兼代表執行役会長・グループCEOを経て、14年シニア・チェアマン就任。総合規制改革会議議長など数々の要職を歴任。著書に『“明日”を追う【私の履歴書】』『グッドリスクをとりなさい!』『私の経営論』『私の中小企業論』『私のリーダー論』など。

テーマ 次世代を担うリーダーに継ぐ! 企業経営の鍵

講座の特長

・社員13人のベンチャーからグローバル企業に育てた講師が、経験に基づいてまとめた企業経営の勘どころがわかる
・社会で支持される企業に必要なマクロ観がわかる
・組織のリーダーとして求められる資質がわかる

講座の主な内容

経営者としてのマクロ観――自分の置かれた立ち位置を知る
経営者の仕事とは
これからの企業経営で大切なこと――真のコーポレートガバナンス
戦後の日本経済史・経営史から未来の企業経営を考える
オリックスの新規事業挑戦――その成功例と失敗例
成長し続ける企業でなければ価値はない――リスクの取り方と危機対応

講師からのメッセージ

ロングバージョンはこちらから

開催日時・場所

第1回 2019年11月25日(月)15:00~ 交流会付き(講師も参加予定)
第2回 2019年12月16日(月)15:00~ 交流会付き

『一橋講堂 特別会議室101-102』
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 
学術総合センター
*交流会は、隣接の如水会館を予定

費用 16万5000円(税込) *交流会費2回分を含みます

6つの特長

その1 名経営者が直接、「経営の奥義」を伝授します。少人数のゼミナール方式なので、納得がいくまで「学べ」ます。

その2 経営の基本から実践までを「学ぶ」ため、複数回の授業が前提です。

その3 講師や受講者との対話、他者の視点を通して「気づき」を得たら、それを持ち帰って関係者と共有します。

その4 「気づき」と向き合い、目標とする経営に向かって「実践」します。

その5 経営の「実践」で得た成果を学びの友とも共有し、継続して自らを成長させていきます。