広報誌・会員誌

コンテンツ・コミュニケーションこそが、最高の営業活動となります

既存顧客とのパイプを深めたい、新しい顧客を開拓したい、会員顧客をもっと活性化させたい、マスコミ各社に訴求したい……、そんな時には、単なる宣伝活動とは異なった「コンテンツ・コミュニケーション」が効果的です。ビジョンや理念、最新動向や新製品の情報を魅力的なコンテンツとして伝えることによって、顧客や会員を「ファン」としていく。そんな戦略的コミュニケーションは、定期的にアプローチできる「広報誌・会員誌」だからこそできることです! 営業用ツールとして、新規顧客や既存顧客向けのツールとして、「広報誌・会員誌」をお役立て下さい。

上質で、楽しく、ためになる「メディア」を!

「広報誌・会員誌」を利用したメディア・コミュニケーションで一番大切なことは、顧客や会員にメリットのある情報、知恵や知識を、わかりやすく、そして楽しく伝えていくことです。弊社は、企業経営からマネジメント、資産運用やライフスタイルのクオリティアップまでを語るビジネス教養誌「PRESIDENT」や、本当においしい世界を描く「食」のエンターテインメントマガジン「dancyu」、働く女性の生き方を後押しする「PRESIDENT WOMAN」、子育てと教育を楽しむ家庭誌「Family」、新しい着物スタイルを提案する「七緒」……といった幅広いジャンルの雑誌刊行で培った、豊富なメディアづくりのすべてをご提供いたします。

顧客や会員の嗜好と行動を緻密に分析!

営業活動の一環として、「広報誌・会員誌」による定期的なコミュニケーションを展開していくためには、ターゲットとなる顧客や会員が、何を望んでいるのかを考え、分析し、それに基づいて、より効果的なメディアを制作していく必要があります。弊社は、「PRESIDENT」や「dancyu」、「PRESIDENT WOMAN」、「Family」、「七緒」……といった、そのジャンルのオンリーワンで、No.1の雑誌をつくり上げてきました。それは誰よりも、読者の心理と行動、求めるものを理解することができたから。そんな弊社の洞察力と発想力は、きっとクライアント様の「力」となります。

「企画力」と「編集力」。魅力的なコンテンツでターゲットを「ファン」に!

ターゲットである顧客や会員を「ファン」にすることによって営業的な成果を生み出していくためには、コミュニケーションツールとしての「広報誌・会員誌」のコンテンツをいかにつくり上げていくかということにかかっています。単なる一方通行の情報発信だけでは、顧客や会員を満足させることはできませんし、動かすこともできません。各種のヒット雑誌をつくり上げてきた経験豊かな弊社の編集者だからこそ、読者である顧客や会員を動かせる魅力的なコンテンツを生み出すことができます。その「企画力」と「編集力」を、是非、事業拡大の武器としてご活用下さい。

専任化とPDCAサイクルで成果を!

「広報誌・会員誌」の価値は、「定期刊行物」であるということ。月刊、隔月刊、季刊……と発行スタンスは違えど、より効果的なツールとしていくためには、PDCAサイクルを的確に回していくことが大切です。弊社での「広報誌・会員誌」の制作に当たっては、必ず、専任の担当編集者をつけ、クライアント様のご担当者とともに、Plan(計画/企画の立案)→ Do(実行/取材・編集制作)→ Check(評価/反響の確認)→ Act(改善/次号でのバージョンアップ)を繰り返し、話し合いを重ねながら、より良いメディアを制作していきます。

制作の流れ/費用について

お問い合わせはこちらから

プレジデント社 企画編集本部
〒102-8641
東京都千代田区平河町2-16-1 平河町森タワー13階
TEL:03-3237-3733
FAX:03-3237-3756
担当/金久保(かなくぼ)、もしくは神田(かんだ)まで

主な実績

1975年以来、40年間、弊社では各種メーカー、金融、IT・サービス、住宅、食品・流通、ファッション……など、様々なジャンルの企業・機関様の「広報誌・会員誌」を制作してきました。長年にわたって継続制作しているメディアが多いことが、企業や機関様から厚い信頼をいただいている証です。

ベストパートナー

横浜銀行のシンクタンク・浜銀総合研究所が会員企業トップに、経営に役立つ経済、経営、産業、文化、地域の情報を提供する月刊誌です。

アド・スタディーズ

電通が設立した研究助成機関・吉田秀雄記念事業財団の研究広報誌。広告やマーケティングの研究者論文を掲載するほか、ADMT(アド・ミュージアム東京)の行事などを紹介します。

POWER

住友建機が顧客向けに発信する情報誌。土木・建設業に関わる人を対象にしたビジネスに関するお役立ち情報、各界著名人へのイ ンタビューなど、バラエティに富んだ記事を掲載中です。

そだとう

東京中小企業投資育成が発行する中小企業向けの経営支援誌。投資先企業の成功事例、専門家による最新トレンドの分かりやすい解説、法務・財務・総務関連のトピックを掲載します。