大前研一直伝経営者のための戦略思考 第10回 生産性を高める経営

2017.9.1[fri]・2[sat]開催

少人数限定!大前研一との2日間。「超プレミアム」な時間を過ごす。

特徴

●少人数限定なので超一流の講師陣から密接な直接指導を受けることができる。
●大前研一プロデュースの最高の空間で、学ぶだけでなく、会食など大前研一と直接交流を深めることができる。
●自分が参加する回だけでなく、1年間すべてのセミナーの講義映像を学ぶことができる。

当セミナーは、企業のトップと参謀を対象にした1泊2日のエグゼクティブ研修です。
その時々で、企業にとって最も重要な問題を取扱い、シリーズとして年に4回開催します。
参加者は自分が参加する回だけではなく、1年間すべての回の講義映像を視聴できます。

今回は「生産性」をテーマとして取り上げます。
いま、長時間労働や労働力不足などが社会問題となるなかで、
働き方改革についての議論が盛んになっています。
しかし、議論が盛り上がりを見せる一方で、日本企業の「生産性=稼ぐ力」は低下するばかりです。
これらの議論には、日本企業の生産性を高めるために働き方をいかに変えていくのか、
という論点が欠落しているのではないでしょうか。
いま、企業はいかに生産性を高めていけばよいのでしょうか?
これからの働き方とはどうあるべきでしょうか?国内外の事例から検証したいと思います。
また、当該テーマのキーパーソンをお招きし、解説いただきます。

会場となる「ATAMIせかいえ」は私が企画、設計に関与したエグゼクティブ研修所です。
世界中のリゾートを見てきた私にとっても感動するくらいの絶景で、豊富な湯量を誇る温泉もあります。

非日常的な空間で、その時々のキーパーソンと少人数で語りあうことで、
新しい発想、出会いが得られると思います。
私も参加しますので、積極的に学んでいただける方の参加をお待ちしています。

大前 研一(株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長)

日本の経営コンサルタント。経営コンサルティングや世界経済などに関する記事をメディアへ寄稿、書籍執筆を行っている。「企業参謀」をはじめ、ベストセラー多数。 英国エコノミスト誌は、アジアには大前研一がいるが、ヨーロッパ大陸にはそれに匹敵するグールー(思想的指導者)がいない、と書いた。

世界に通用する、論理を身につける。講師陣は「超一流」。

第10回生産性を高める経営〜企業はいかに「稼ぐ力」を高めていけばよいのか〜

開催日程2017年9月1日[金]・2日[土]

1

11:30
ATAMIせかいえ集合
11:30~12:30
オリエンテーション
12:30~13:00
昼食
13:00〜15:00
【第1部】講義
15:00〜15:10
休憩
15:10〜15:40
【特別セッション】
15:40〜18:00
【第2部】講義
19:00〜22:00
夕食および懇親会
2

8:00
朝食
9:00〜10:30
【第3部】講義
10:30〜10:45
休憩
10:45〜12:15
【第4部】講義
12:15〜12:50
昼食
12:50〜14:50
【第5部】講義
14:50〜15:00
休憩
15:00〜16:00
セミナー総括
16:00
解散

2017年度開催日程

第11回
2017年 11月24日[金]・25日[土]
第12回
2018年 3月2日[金]・3日[土]

※第9回 2017年 5月26日[金]・27日[土]「社内起業家を生み出す経営」

講義内容

【第1部】大前研一 講義およびディスカッション

生産性を高める経営

いま、少子高齢化、労働力不足、ライフスタイルが多様化するなかで働き方のあるべき姿について議論が盛んであるが、それらの多くは論点がずれている。本来あるべき働き方とは何か、企業はいかに生産性を高めていけばよいのか、国内外の事例から検証いたします。

【特別セッション】杉本 勝男

クラウドサービスを活用した
間接業務の効率化

総務部や人事部をはじめとした間接部門はなくてはならない存在ですが、コストアップ要因と見なされることもあります。スキャンマン社にはアルバイトを含め50人のメンバーがいるなか、総務担当者は1名しかいませんが、クラウドサービスを活用することで、一人で電話の取次から案件管理まで何でもこなしています。クラウドサービスを活用した間接業務効率化の実例をご紹介します。

【第2部】岩崎 裕美子 講義およびディスカッション

ほぼ全員残業ゼロなのに、
10年連続で売上が伸びている理由

ランクアップは、「効果が実感できる製品・サービスによって女性の悩みを解決し、輝く女性を増やします。」という理念を元に、オリジナルブランド「感動化粧品マナラ」の開発及び販売を行っている。社員の約半分がワーキングマザーであり、ほとんどの社員が17時に帰るにも関わらず、10年連続右肩上がりの経営を実践している。「女性がやめない会社」を目指す同社の取り組みについて解説いただきます。

【第3部】岩村 水樹 講義およびディスカッション

日本の働き方をハードからスマートへ
~イノベーションを起こし続けるための働き方とカルチャーとは~

GoogleはWomenWill「未来の働き方改革」プロジェクトを通じて1000社を超えるパートナー企業と「日本の働き方をワーク・ハードからワーク・スマート&リブハッピーへ」と変える働き方改革を提案してきました。 無駄を排し効率をアップすると同時にイノベーションを促進させるスマートな働き方。その柱となるのが、職場のカルチャーとテクノロジーの活用です。社員を輝かせる「スマートな働き方」とはどういうものか。パートナー企業と実践したテクノロジーを活用した働き方改革のトライアルから得られた知見は何か。 Googleのイノベーションに対するアプローチと、ワーク・スマートをめざす働き方改革の進め方について、解説頂きます。

【第4部】佐々木 常夫 講義およびディスカッション

経営戦略としてのワークライフバランス

今ワークライフバランスの重要性が認識されているが、長時間労働が常態化し、肉体的にも精神的にも疲れ切っていて自分の時間も持てず満足感やロイヤリティが低下している状態では厳しい競争社会において企業が勝ち抜くことは難しいと言えます。東レ在籍時からワークライフバランスを重要な経営戦略と定義し、家庭と仕事を両立させるため、仕事は徹底的な効率化を図り、部下も定時に帰すなどのワークライフバランスの向上に取り組まれてきた佐々木氏に事例を解説いただきます。

【第5部】須田 将啓 講義およびディスカッション

BUYMAによる海外購買のイノベーション

BUYMAは、世界133カ国に在住する8.6万人以上のパーソナルショッパーから世界中の魅力的な商品を直接購入できるソーシャル・ショッピング・サイト。BUYMAを利用することにより購買の中間マージンをなくし、海外購買を圧倒的に効率化させることができる。「世界が変わる、新しい流れをつくる」というエニグモの取り組みについて解説いただきます。

大前研一直伝セミナーの実際の様子をご覧いただけます

講師

杉本 勝男(スキャンマン株式会社/代表取締役社長)

愛知県出身。名工大中退。大学在学中の2009年、電子書籍関連のプラットホーム会社を立ち上げるが、その後、解散。2013年8月にスキャンマン株式会社を設立。代表取締役社長に就任。スキャン代行を主軸に、あらゆる派遣事業の無料化を目指す。

岩崎 裕美子(株式会社ランクアップ/代表取締役)

北海道出身、東京都在住。藤女子短期大学卒業後、大手旅行代理店に入社する。その後、広告代理店の取締役営業本部長を経て、マナラ化粧品を開発・販売する株式会社ランクアップを設立。

岩村 水樹(グーグル アジア太平洋地域ブランド&マーケティングマネージングディレクター兼日本法人専務執行役員CMO)

2007年グーグル入社。日本でのビジネス製品及びコンシューマー製品のマーケティング活動、アジア太平洋地域のグーグルブランド及びコンシューマー製品のマーケティング活動を統括。テクノロジーで女性を支援するアジア太平洋地域発のイニシアチブ“Women Will”及びWomen@Google Japanファウンダー。女性活躍やダイバーシティを推進、日本では“Women Will”の活動に加え、経済同友会“人材の採用、育成、登用委員会”副委員長として「働き方改革」に取り組む。このほか、中小企業、スタートアップのデジタル化をサポートする“InnovationJapan”などのコミュニティ貢献活動や、企業のデジタル活用促進のための執筆・講演活動も行う。東京大学卒、フルブライト奨学生としてスタンフォード大学にてMBAを取得。『Forbes JAPAN』の「世界で闘う『日本の女性』55」に選出。近著に「ワーク・スマート──チームとテクノロジーが「できる」を増やす」(中央公論新社)。

佐々木 常夫(株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ/代表取締役)

2001年、東レ同期トップで取締役となり、2003年より東レ経営研究所所長となる。何度かの事業改革の実行や3代の社長に仕えた経験から独特の経営観をもち、現在経営者育成のプログラムの講師などを実践している。一方、社外業務としては経団連理事、内閣府や総務省の審議会委員、大阪大学客員教授、神戸大学・同志社大学・桜美林大学の講師などの公職も歴任する。

須田 将啓(株式会社エニグモ/代表取締役最高経営責任者)

慶應義塾大学大学院 理工学研究科 計算機科学専攻 修士課程修了。2000年博報堂入社。04年株式会社エニグモを設立。05年ソーシャル・ショッピング・サイトBUYMA(バイマ)サービス開始。12年世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader選出。

実施要項

開催日
2017年9月1日(金)2日(土)
募集人数
最大20名程度
対象者
企業トップ、後継者、経営幹部
参加費
1名 540,000円(消費税込み)
※プレジデント予約購読者様は限定特別価格432,000円でご参加いただけます。
企業トップと幹部または後継者の2名でのご参加をお勧めします。
(トップと参謀役が経営の重要課題についての理解を深め、活発な議論を交わしてもらうためです)
2名でせかいえの同室をご利用いただく場合は、1名432,000円(消費税込み)の特別優遇価格でご案内いたします。
※プレジデント予約購読者様は2名同室利用、1名345,600円(消費税込み)
注: 別室をご希望の場合は、お一人様はせかいえとは別にリゾート型宿泊施設をご用意いたします。
【参加費に含まれるもの】
特典1|経営専門チャンネル「ビジネス・ブレークスルー」年間視聴(220,320円消費税込み)
特典2|今年度全4回(第9回~12回)のうち、未参加分講義ビデオ視聴
宿泊費|会員制 宿泊施設「ATAMI せかいえ」滞在費(飲食費・懇親会費全て)
その他|テキスト代
申込締切
8月1日(火)
(締切日時点で定員に達していない場合、追加申込みを受け付けることがあります。詳細はお問い合わせください。)
宿泊施設
ATAMIせかいえ
所在地| 〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山269-1
アクセス
アクセス

お申し込み

このセミナーに申し込む

お申し込み後、ご請求書をお送りしますので、請求書に記載された期日までにお振込ください。
入金確認後、詳細については株式会社ビジネス・ブレークスルーよりご連絡致します。
※申込多数の場合は抽選となります。